騙されていませんか

騙す

知らないとだまされる。知らないことをいいことに騙そうとするものがいる。
知っているものは、ごく少なく、圧倒的に知らないものが多い。
知っているものが得をして、知らないものが損をする。
「そんなこと知らないのが悪いんだ」と堂々と言う人もいる。弱者がいるから強者が喜べるというおかしな時代だ。
これは昔からあったが、形が違ってきているように思います。
二極に分離している。

うまくだまされていると、だまされていることすら分からない。
騙し方がどんどん巧妙になってきているので、多くの人は騙されていても気づかない。
高度で複雑な社会では、何が本当か分かりにくくなっている。
こうだという人もいれば、ああだという人もいる。殆ど信仰に近い。

複雑に絡んだ網を解きほぐすのは、難解。
解きほぐしたと思っていても、まだ絡んでいることもある。
何が本当か分かりにくい。賢い人は根拠らしきものを携えて理路整然と語られるので、余計に分からなくなる。

例えばですが、「ファーウェイの通信技術で情報は盗まれているのか?」 「日銀の2%の消費者物価達成は望ましいのか?」
根拠すら分からないまま、議論が噴出する。
私も含めて、大抵の方には分からない。なのに、分かったような議論がなされる。
偉い学者や著名な方が語ると、その意見を勝手に自分の考えにして語ります。信じている。
技術の問題は、開発した人にしか分からないものがあります。その人と同レベルかそれ以上でないと、実物を見て真偽を指摘する力などない。
はっきり言って、その技術者が騙せば、そこの社長だってだませる。

既に騙されていると思った方がいい。
分からないことは分からないでいい。分かったふりをしないことです。
急いで決断しないこと。急ぐとけつまずくだけ。
たとえ分かったと思っても、それが本当に真実なのか怪しいものがある。

情報社会は、裏返せば、情報操作の社会でもある。
自分や組織を有利に見せて大衆を味方につけるのには、手っ取り早い手段です。
あっちがいいと言われば、あっちに行き、こっちがいいと言われれば、こっちに行く。
毎日、大衆は広告などに振り回されて忙しいだけ。暇つぶしにはなりますが。
結局、いままで何だったんだと後で振りかえる。
こうして、一生を終える。

以上は自戒の念を込めて、これじゃいかんと思って書いたものです。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ゴーンさんのことで感じたこと。


私は事件の詳しいこと、真偽については知らない。
ただ、泥棒か泥棒でないかは、はっきり見てみたい気がします。
善いか悪いかということを法律以前の問題として見てみたい。

盗んだ金額が小さければ、問題がないというものでもないから。
自分の力で大きな儲けを出しているんだから、少しぐら自由に使って何が悪いんだという感覚が生れるのもよく分かる気がする。

個人商店なら自業自得で済むだけなんですが、会社組織だと、「会社のお金=自分のお金」ではないので、盗むということが起き得ます。
ただ、会社でも個人商店に近いものもあるので、グレーな部分もありますが。

権力者となれば、押しなべてそういうところが出てきます。彼らなりの常識というか。
俺の会社、組織のトップなんだから、少しぐらい俺が自由に使って何が悪いんだとなってくる。自分の思い通りにできる状況にあると、自然にそうなるので恐い。驕りも生じる。
組織を私物化して、仲間にもおいしい汁を吸わせておけば、文句を言う人もでてこない。服従者だけが集まる。ただ悲しいかな、従業員は何も知らない。
権力者にたてつくのは、勇気がいるもの。殺されてもいいという覚悟がないとできない。
反対意見は大事だとよく言われますが、権力者にとっては遂行の邪魔者でしかない。
賢い方々?は、法的に問題がでないよう徹底して表面を繕いますので、証拠が出にくい。しかし、多くの事実を並べると、その意図が透けて見えてくることがある。

数十億程度なら、少しという感覚だと思いますよ。きっと。報酬以上の仕事をしているのにという不満もあったようだし。
「まあ、それぐらいならいいんじゃない」という見方も、世間にはあるように思える。はっきりとは言わないが。
その微妙な感覚の差は、立場や国民性によってもかなり違う感じがします。
昔から、世間は英雄には甘いところがあります。許されるというか。功績と天秤にかけてしまうというか。
もしこれが事実であるなら、従業員とか首を切られた人は頭にくるでしょうね。株主も。
今回の件は、単に組織内で起きたことなんですが、手続きをちゃんと踏んだ踏まないというだけの問題として片付けられない部分があります。たとえ無罪であれ。

「おごれるものは久しからず」「身から出た錆」これも、世の常か。
出来る人、頭の切れる人というのは、周りもそう見ているので、どうしても独壇場となる。
危うさをはらんでいる。バランス感覚がずれていても、自分ではそれが分からない。
出来る人ほど危険なものはないというのが、私の経験則。よく見てきた。
信頼されているし、疑われることもない。そこに隙が生れてくる。
出来る人が全員そうだとは言いませんが、権力や金を握ると、人が変わってしまうことが本当に多いんです。
ゴーンさんゴーンさんというように崇めたてられる方(カリスマ〇〇)は、結構おられます。調子に乗って、足元をすくわれた方もたくさんおられる。
「厚顔無恥」「傲岸不遜」

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」これが難しい。
能力のある人ほど、偏った実り方をしてしまいがち。
このことは、けつまずいて気づくことがあります。ただ、それでもすぐに、元に戻ってしまいます。人は弱い。
中身が悪ければ、外見も悪くなるもの。外見を見ると中身も見えてくる。

※推測で書いた部分が多いです。事実は、これから明らかになるのかな。

トマトの命

トマトの写真は、今日、家の庭で撮ったものです。
冬の真っただ中で頑張っている。
このトマトはいったん、夏に全部枯れ落ちてしまったんです。一度も実をつけることなく。
通常、枯れるとそれで終わってしまうものなのだが・・・
ところが、少しして、その根元から一本茎が出てきた。そして、写真のように大きくなった。
現在、実を7個つけています。なかなか大きくはならないし、赤くもなりませんが。
何もせず、放っといたままなのですが、枯れることなく冬まで生き伸びている。
季節を過ぎて、どうせ育たないから切り取ろうと思ったが、少しづつ実を増やしてくるので、可哀想になって切り取れないんです。
すぐ枯れる命もあれば、しぶとい命もあるもんだ。命に感動します。
いったん死んだ奴は強いナ。

年末だなー

年末になると、夜中に「火の用心!」の声が響きます。子供の声が透き通って聞こえる。
続いて、拍子木の音が二回、「カンカン」と鳴る。
また続いて、「戸締り用心 火の用心」と複数の大人の声が響く。
夜回りご苦労さん。そう思う。
昔を思い出してなつかしいもんです。子供の頃はわたしもそうして回ったことがあった。
今と違って薪を使うことが多かったので、火事が本当に多かったんです。

最近、この音が騒音でうるさいという人が増えているそうな。
声かけが、どれだけの効果を生むのか分からないが、独居老人が増えている現在、この声掛けもいいのでは。
何よりも、この寒くて暗い中を地域のために時間をさいて回っているのだから、その気持ちも汲んであげたいもの。

この他、除夜の鐘も騒音だと苦情がでているそうな。
除夜の「鐘」よりも現実的な「お金」の音の方が有難いのかな?
情緒とか余裕とかが薄れてきている気がしてならない。
もしかして、そういうことを言っている私の方が古いのかなあ・・・・?

デジタルな世界

デジタルな世界

1か0の世界は、機械的なものには、今、確かに役立っています。
電気がついているか消えているかは、非常にはっきりしているので、曖昧さがない。
ただ、現実はアナログです。どっちか判別しにくいものが多い。
例えば、裁判は白黒をはっきりさせるという意味では、デジタル的です。結果的には。
でも、有罪無罪とに分けられるものの、どうしてもグレイな部分は残ります。残る場合があります。
有罪とまでいかないまでも、無罪の方にも悪い部分はあるのではといったこともある。裁かれこそしないが。

私はグレイな部分に関心を持ちます。右か左か、黒か白かといった議論はあまり好きでない。
なので、ワイドショー的なものは、好きになれない。
あいつが悪い、こいつは馬鹿だとか、決めつけは嫌いです。そう言っている人が、そうなんじゃないかと思えてしまう。
物事をはっきりさせろという場合でも、はっきりしにくい部分が多いんです。
ただ、はっきりさせた方が頭がいいように思われます。分かったような錯覚に陥るんです。
曖昧で優柔不断な私、そういう私を自分で好きになるところもあります。

何でも素早く決断して実行しないといけないせちがない世の中。
勝つか負けるか、生きるか死ぬかの世界は、どうも私には向いてないようだ。
ファジーをファジーなままで見るのもいい。無理に白黒に分けないで。

ランダムはランダムでない。

じ~と見ている

※この記事は12月22日の京都新聞の朝刊コラムをヒントに書いたものです。

HDDを消去する時、0か1で全セクタを上書きする。そのやり方が決まっているので、逆に元に戻すことが可能となる。
市販の復元ソフトで復元できなくても、微弱な磁気を読み取れる機械があれば可能となる。
また、ランダムなパスワードを作成すると言っても、ランダムで作成するその方法は人が決めています。
なので、その規則が分かると元に戻せます。つまり、本当の意味のランダムは作成できない。
暗号が解毒できるのが難しいというのは、解毒に時間がかかるということにすぎない。
コンピュータの性能が上がれば、一万年かかるのが数秒で解毒できるようになったりする。
暗号には必ず鍵がある。でないと、復元できないから。復元できない暗号は意味を持たない。
完全に安全な防御は難しい。ネットにつないでいる限り。たとえ大きな会社であっても個人情報は盗まれると覚悟した方がいい。
ネットから切り離したローカルなネットワークだからといっても安心できない。ネットワークがある限り。
顧客との関係で、今や組織はインターネットと完全に遮断することは、大変難しい。どこかでつなげないといけない。すると、そこから侵入出来てしまうんです。
暗号で守られていると思っているあなた。データがなくなったり、盗られたりするのは、他人ごとではないんですよ。「安心ですよ!」と言われても安心できない。
人のものを盗みたがる人は昔からいつもいます。他人のものには興味があるし、必要なものがただで手に入るんですから。ネットでは、罪悪感も薄くなる。

専門外

とにかく、どんなことも細かく専門的になってきていて、専門外はそこには立ち寄れなくなる傾向がある。
ちょっと口をだせば、「知らないものが何を言っているのか!」ということになる。
専門家でないと、何も言えないのか?とさえ思ってしまう。
おかしなことが起きています。
一般人は何も知らないのか、判断してはならないのか。勉強しないものは口出してはならないのか?
自信喪失の人が増えてきた。自分でも何が正しいか分からなくなってしまったのだ。

全て判断は、法律家や技術者などに任せて、自分で判断を避ける傾向が増えてきている。
おかしなことだ。
専門家に任せて、その頭だけで動くようになると、ヒトラーが生まれてきたりします。
大きな自信家についていく方が楽なんです。思考することが煩わしいから。
つまり、思考の停止。
それに伴い、少数の自信家が世界を引っ張ていく。
昔から大きな声を上げる人が威張っていた。そして、それについていこうとする人もいた。ついていけば、自分も威張れるから。
不毛な議論が飛び交っている。その言葉に愛はなく、索漠としている。言葉が死んでいる。
悲しいことだ。

さあ、畑仕事でもしてくるか。こちらの方は実がある。

甘いものにご注意

おいしいものは、人それぞれ。
ある人においしいものが、他の人にはそうでないこともある。
つまり、画一的でない。
母乳は、大人にはおいしくないが、赤ん坊にとってはおいしいもの。
体が本当に欲しがるものは良くて、欲しがらないものは悪い。これが、本来です。

ところが、本来のものが崩れてしまうことがある。
本来、体が欲しがっていないのを食べ続けると、麻薬のように中毒になってしまうことがある。
特に甘いものには気を付けないといけない。赤ん坊に甘いものが禁物であるように。
食べ物だけでない。ちやほやされたり、名声なども甘いものです。食べたらそこから抜け出せなくなる。
甘いものばかり食べていると体を悪くする。心も悪くなる。
苦いもの、辛いものも用意されており、それも食べないといけない。
たまに甘いものを食べて、甘さを喜ぶ。毎日甘いものばかりを食べていると、地獄のような悲しい時が来る。
体や心はいつもリセットしないといけないのですが、同じものを食べていると、伸び切ったバネのようになり、元に戻れなくなる。
思想や考え方も同様です。中毒症状になる。
困ったことに、本人が中毒であると気づかないこともある。気づいても直そうとしない。そうすると、悪化の道、奈落の道しかない。
偏らない、決めつけないという姿勢が大事です。決めつけると、そこから抜け出せない。
毎日、リセットすべきです。

甘い誘惑がある。本来、その時々、必要なものは異なるものですが、甘い誘惑は、そのリズムを狂わせてしまう。甘いものには注意です。
食べると、本来の状態に戻るのが難しくなる。
戻れなくなったら、もう遅い。戻れるうちに戻しましょう。

知性派がお好きですか?

知性的な人は冷たい人が多い。冷たいから知性派になれるのかもしれない。

色んな批評家やコメンテータは、確かに知性的ですが、概して愛情が薄いようにみえる。
他人を批判することは得意ですが、自分では何もしない。その言葉に愛がない。
逆に、愛情の深い人を見ると、知識を表立って現わされませんが、にじみ出てくる正義、真実を感じます。ただ、そういう人は数少なく、表舞台にも出てこない。
色んな考え方があるが、どれも一長一短。何が正しいか分からない。絶体でない。
自由な考え方が増えた分だけ、混乱も増えてしまう。
結局、知識は混乱を招く。絶体というものが無い。知識の捉え方は人それぞれだから。
世の中の混迷は、自由と分離からくる。
自由はいいが、ほとんど好き勝手に近いというのが、今の世の中。
個人主義が行き詰まっている。
所詮、自分が一番と思う心に、まとまりなど生じようがなく、分離と対立しか生れない。
こういう風にしたらいいと決めて、そうするものの、すぐにほころびが出る。
ほころびを直そうと変えていくが、それもまた続かない。また、ほころびが出る。
頭で考えたものに、まともなものはない。

何も知らなかった子供の頃の方が幸せだった。その場所しか知らなかったが、それが故に平穏に暮らせた。
都会に出てたくさん知って、田舎を馬鹿にしていたが、そうではなかった。
馬鹿にしていた方が馬鹿だった。
たくさん知ったように思っていたが、実は何にも知っていなかった。今はそう思う。
たくさん知った分、混乱が増えるだけ。比較対象が増えてしまい、自分を卑下するか、他人を馬鹿にして攻撃したりとか、不幸なことばかり起きてしまう。
何のために勉強したのだろう? 不幸になるためなのか。一体、知識など必要なんだろうか?
世界中のことや歴史や思想などたくさん知っても自己満足に過ぎないのではないだろうか?

どんなたくさんの知識も一つの愛に勝ることはない。
そして、愛から知恵が生まれる。

また暇に任せて好き勝手に書いてしまいました。反論も多いと思いますので、回答も致しません。

シンプルでありたい

近くのスーパー2先がpaypayを導入したので、試してみた。
どちらのお店もQRコード決済なので、paypayアプリでお店のQRコードを読み取って金額も入力しないといけない。
バーコード決済と異なり、どうしてももたついてしまう。ちょっと面倒。
少し前に、paypayアプリをスマホに入れた時、クレカや銀行口座の登録などが面倒でしたが、実際に購入する段階でも面倒だった。
どんくさい私には向いていないようだ。若い女性店員さんに「簡単ですよ!」と言われたが、ちょっと癪に障った。

やはり、デビットカードが一番楽ちんだ。5%の還元分は銀行口座に振り込まれるので大変分かりやすいし。
明日からは、デビットカードかauウォレット(電子マネー)を使おう。
スーパー1先は、クレジットカードすら利用できないお店。ここでは、プレミアム商品券で対応しよう。

複雑な制度は混乱を招くだけ。シンプルライフでいきたいもんです。

複雑化した社会

ますます学問(科学や法律など)が細分化され、仕事の種類も細分化されてきている。
これは、前回の多様性とは異なるもので、人がそうしているのです。
そして、 この複雑さに、今や、人の頭はついていけなくなってきている。
ついていくためには、コンピュータのような機器を使う以外なくなってきた。
こうして、機器を利用せずして、この複雑化した社会を生き抜くことが難しくなってきた。
機器依存、AI依存の社会が生まれようとしている。
そうすると、機器の上手な使い方が重要となってくるので、自分で考えることは少なくなる。
機器の開発者は考えますが、使い手はひたすら使い方を覚えるだけでいいということになる。
こうなると、学校で勉強などする必要があるのか、ということにもなりかねない。
全部、AIが解決してくれるんですから。
これは極端なようですが、その方向に向かっているように思えます。

ミスが恐くなってきている。コンピュータの設計ミスやそれらを使うもののミスです。
「ミスをした!」で済まされない大きな事故になることすらある。命にかかわることもある。
なのに、このミスの責任意識というのは以外に薄く、責任の所在もハッキリしにくい。
ウッカリしていた、これは機器が悪いんだ、で済まされてしまう。これが恐い。

複雑化してくると、人は自然に、自分の頭で考えるのを放棄してきます。考えることはしんどいので。
次第に、専門家やAIや政治家にお任せするようになってきます。これが恐いんです。
専門家やAIなどがいつも正しければいいのですが、そうでない場合もあり得る。
ミスがあってもミスと知らされない場合もある。伝えられなければ分からないからです。
下のものは上のもののミスを自分で見つける力を持っていない。
高度化してくると、上と下の開きが大きくなってきます。知っているものと知らないものの差が大きく開く。
もし、知っているものが悪用したりすると、大変なことになってしまう。
例えば、ハッカーに勝つには、ハッカー以上の知識を持っていないと勝てない。最悪、ネットから切断するしかない。
知っているものの犯罪というのは、非常に巧妙で分かりにくいからです。
技術の進歩は、反面、危いところが多いものです。しかし、便利なことが前面に出されて、それらが覆い隠されてしまっている。
情報操作というのは、意外に簡単です。もうすでに、私達も洗脳されているもしれない。

多様性について

皆が医者でも困るし、皆が弁護士でも困るし、皆が政治家でも困る。それぞれがそれぞれの役割を持って働く。
こうして、社会は成り立っている。
どの役割が上で、どの役割が下というものでもない。
上下を人が勝手に格付けしたりするが、これが一番いけない。いけないと分かっていても、そうする。

また、イデオロギーの違いというのもあります。〇〇主義か△△主義かという。
どうも私はそういうのが馴染めない。実際のところ、よく分からないし、単なる主義だけでよくなるものでもないと思う。
現状を少しづつ良くしていけば自然と形ができてくるもんで、先に形を決めても、結果はあまり変わらない気がする。
ぼんやりしたことを目標にするより、今、目の前の問題を解決していくうちに良くなっていくんではと思います。
基本、人がたいして良くならないのに、社会だけが良くなるというのはあり得ない。たとえどんな社会になろうと。
知識では色々語れるでしょうが、知識だけで世界が良くなるわけではない。
自分の身の回りのことがうまく解決できなくて、社会をこうすべきなどと語る資格なんてあるのだろうか。

色んな人がいます。あの人はなぜそうしたがるのか、全く理解できないところが必ずあります。多様性とはそうです。
理解できないが故に、認めるということが大事になる。皆、違うからです。
この違いというのは、イデオロギーがどうのこうのと語る以前から、本質的に違うんです。
この違いが大変大事なんです。無理に同じにしようとすると、狂ってしまいます。