間を見る


客観的に語られる人は、理知的に見えがちです。
しかし、客観化すると、自分とはちょっと切り離してしまうところがある。
なので、非常に冷たい気がしたりする。
理知的な人は冷めている感じがしますが、そのためです。

続きを読む

鏡を磨く

鏡は不思議です。
私が鏡を見ると、そこに映っているのが私の姿だと知っています。
映像を通して自分を見ている。
至極当たり前に思っていますが、何故か人の場合、映っているのは他人であるとか別のものだとは思わない。
映っているのは、正確に言うと、私ではなく私の映像です。なので、必ずしも私と私の映像は完全一致するものではありません。
映像を見ることで、自分の顔はこんなんだと知ります。
もし鏡がぼやけていたら、ぼやけて映し出された顔が自分の顔だと信じてしまうでしょう。
澄んだ鏡ほどはっきりと自分を映し出してくれる。

続きを読む

トランプ氏の言葉

今日、国際ジャーナリスト高橋浩祐氏のYahoo!ニュースの記事
トランプ大統領の虚偽情報に最後の最後まで踊らされ続ける支持者
を読みました。

この中で、トランプ大統領が自伝の中で述べられたことが引用されていた。
マスコミの特徴について、ある程度、皆さんも感じておられると思いますが、トランプ氏自身がそれについて分かりやすく解説されておられたので取り上げてみました。
  ※私自身は自伝を読んでいません。また読みです。

トランプ氏の発言として以下の4つが書かれていた。

続きを読む

事実と判断

事実について

事実を言葉で表現した瞬間、事実から離れてしまう。
これは臭いや味を人に説明するのと似ている。
臭いや味を人に正確に伝えることはできない。「たとえ」を用いるしかない。
あの食べ物の味やあの匂いと似ているという風に。
言葉で正確に伝えることはできない。
事実について、これはこうだった、あれはこうだったとか色々と細かく説明しないと、相手に伝わらないが、全部捉えることは難しい。必ず漏れる。
その結果、一部だけが強調されてしまうことになる。これが恐い。
その瞬間においては事実の中にいるのですが、それを言葉で説明すると、説明しきれない。
事実というのは、その瞬間にしかない。後で語れない。
事実とはそんなもの。その時だけのものなのです。

続きを読む

愛の不思議

一番大事なことは、愛するということ。
一番難しいことは、愛するということ。
根底に愛がないと、考え方や思想などの枝葉末節で対立する。
「愛するということ」、すべてこれ以外から始めてはいけない。

続きを読む

弱肉強食


これは、昔から変わらない。
人は少し賢いので、上辺では上手に繕ったりしますが、奥底は動物とあまり変わらない。
化粧が剥がされると、表に出てくるので、公に分かります。
周りとうまくやっていこうという気持ちと、自分を押し通したいという気持ちが互いにせめぎあっている。
せめぎあっていても、何とか繕っていられる間は静かですが、我慢できなくなると、爆発して自分がそのまま出てくる。

続きを読む

理屈以前


つくづく思う。人は理屈で動くんじゃないなと。
理屈を並べてこう動きなさいと言っても、動くのは、機械ぐらいでしょう。
ちょっと機械的な人もおられますが、機械とは全く異なります。

続きを読む

不思議体験

私が実際に体験した不思議な出来事を記録したものです。
これは、20年前に書いたもので、体験はそれ以前のものです。
「旧奮戦記」にも書いていましたので、既に読まれた方がおられるかもしれません。殆ど修正を加えずに転記しています。
ちなみに、これを読んで信じていただいた方は今までに一人しかおられませんでした。

続きを読む

開店休業状態

スイカ
私が作ったスイカやかぼちゃ
うちで採れた丹波栗


今は、開店休業状態ですね。
バッタリ仕事が途絶えた。教室もガラガラ。パソコン修理もほとんどない。
毎日、暇、暇、暇。
暇もいいんですが、時折仕事があった方がハリがあっていい。ダラダラは一番いかんなあ。

本業が不振なので、今月は、ずーと畑仕事に専念してきた。
栗を自分で拾って、モルモットパソコンYahoo!店で販売してきた。
うちの栗は結構人気なんです。少しの量しか採れませんが。
採った栗を温湯処理で虫を殺して、それから一個一個栗を拭いて綺麗にして出荷しています。
結構手作業が大変だった。
しかし、それも終わった。今は何もすることがない。
まあ、パソコン教室は一人でやっているので、潰れることはありません。
潰れる時は、私が潰れた時かな。

続きを読む

聖書に書かれている「命」とは


聖書で学んだことを書き記しました。私の精神の記録として。
直観に基づくものが多いので、間違いがあるかもしれません。霊的なものは、霊と真理でもってしか分からない。肉は何一つ理解できない。
神を全く信じない人にとっては、聖書は嘘でしかないので、このブログを読んでも何も得られるものはありません。

続きを読む