霊から生まれたものは霊


霊から生まれたものは霊であり、どこから来てどこに行くのか知らない。
生まれた霊(わたし)は何も知らない。霊であることすら知らない。
「知る」にはどうしても言葉がいる。「わたし」はまだ言葉を持っていなかった。
言葉を持って、初めて「知る」ということが起きる。
しかし、「知る」に至る道には、二つの木があった。善悪の知識の木と命の木。
同じ「知る」でも、真理・命に大きな差、天と地ほどの違いがあった。

神は存在であり、かつ言葉です。神の霊は、それ自身で生きておられます。
ところが、生まれた霊はそうではなかった。言葉・命を持っていなかった。
つまり、生きていなかった。完全なる死の中にあった。
霊であっても霊であることを知らず、闇しかなかった。
存在していても、存在していることを知らないなら、生きているとは言えない。
存在していても、何も支配していないなら、生きているとは言えない。
たとえ、存在していても、存在を証するものがいないと、存在しないことになります。
「わたし」は最初から霊として「ある」のですが、そのことを知らなかった。
「わたしはある」ということを知らなかった。
神は、「わたし」にそのことを知らしめようと導かれる。霊と真理において。
天地創造以前から、「わたしはある」ということを。

証するために、わたしは天地(言葉の世界)に連れてこられた。
「わたし」がわたし自身を知ることができるようにと、「わたし」に命を与えられた。
霊から出たわたしは、霊のところに戻らないといけない。「わたしはある」を知って。
元々そこにいるのだから、真理を携えて戻らないといけない。
光を持たないと、出たままとなって戻れない。知らないままで終わる。

霊からゴムが伸びて飛び出ます。そしてゴムは縮んで霊のところに戻る。
もし、ゴムが壊れたら、切れてしまって戻れなくなる。
戻る時は、神々しくなって戻ることになる。
存在は存在から出てきた言葉によって証される。
言葉は神と共にあるからです。
「わたしはある」ということを受け入れるなら、わたしは父の内にいます。
最初からあった真理を、最後に知る。最初は何も知らない。
何も知らなかったものが、最後に知るものとなる。その後、天地は滅ぶ。
天地は最初があり、最後がある。
真理に至るには、時という「たとえ」を通らないといけない。

聖書と世界


聖書に描かれている世界には大きく分けて三つあります。

  1. 人が造られる前の世界
  2. 人が造られて、人が天上にいる時の世界
  3. 人が地上に堕ちてからの世界
     

今の私達は、3.しか知らない。1.と2.を知らない。
1.2.3.と上から下に降りていく。
もちろん、上とか下は、たとえであって、物理的な上下を示すものではない。

イエス一人だけが、上に上げられた人として書かれています。
イエス一人を知って、全て推し量るべしということです。
それに続けということです。

1.と2.の世界は通って来たものでないと分からない。
通ってきても、通って来たことを知らなければ、通って来たと言えない。
通って来たことを知って、初めて通って来たものとなる。
遣わされても遣わされたこと知らなければ、遣わされたものとならない。
知らなかったことを知らなければ知ったことにならない。
ここに難しさがある。既に知っていると、知っていることが邪魔をするからです。
何も知らなかった頃に戻らないといけない。しかし、それが難しい。
まず、すべてを捨てないといけない。捨てないと、信じることすら難しい。

天地創造以前、わたしが生まれた時、わたしはどこから来てどこに行くのか知らなかった。
闇があった。それを救うために光が入れられた。

自分が本当に何も知らないと気づいた時、敬虔になります。大いなる方、知っておられる方に導かれます。
知っていると思った瞬間、導かれなくなる。自分を神にしているから。

聖書の言葉とこの世の言葉

とんでもなく違っていることを「天と地ほど違う」と言うことがあります。
聖書を読むと、一つ一つの言葉が、私達の知っている意味とあまりにも違っていることに気付かされます。
私達が語る言葉と同じ言葉、名前を用いて書かれているのですが、その意味合いが随分異なるのです。
似ているが随分異なっている。
この「似ている」というニュアンスが聖書で言うところの「たとえ」を想起させます。

例えば、「知る」という一つの言葉、名を例に取り上げてみましょう。
私達は「知っている」とか、「理解している」とか、日常的に使っています。
ところが、聖書では、知っている方というのは神しかおられません。
つまり、私たちは何も知らないし、何も理解していないということになります。
「知っている」と語る資格など、私達にはないということになる。
知らないが故に、私達を真理に導こうとして、神は「たとえ」を用いて語られる。
人は元々何も知らない。これが前提にあります。もし、これに気付けないと先には進めない。
「無知を知る」という言葉がありますが、まさに、そこに戻らないとスタートに立てない。

続きを読む

聖書と人の言葉


言葉で世界を捉えます。

どうして、人は言葉を語るのか、その答えは聖書にあった。

天地創造以前、「わたし」が生まれた時、闇しかなかった。だから、闇に属した。
これは、避けられない。
「わたし」は、まだ、言葉(命)を持っていなかった。だから、何も知らなかった。
水の面を神の霊が動いていたが、知る余地もなかった。闇しかなかった。
すべては、ここから始まった。

後は、光によって、付け加えて与えられていった。天地も人も。これが天地創造です。
すべて、「わたし」のために与えられていった。
「わたし」がどこから来てどこに行くのかを知ることができるように、そうされたのです。
言葉を語るには、世界がいる。世界がなければ言葉が語れない。だから、世界が造られた。
人が言葉を語るための準備がなされた。「わたし」のために次々と与えられていった。
「わたし」は、このことを知らなかった。

続きを読む

聖書と言葉

イエスは言われた。
「光はいましばらくあなた方の間にある。」
「いましばらく、わたしはあなたがたと共にいる。」
           <ヨハネの福音書抜粋>

見えるイエスとして示されながら、私達に見えていない「命」として語られている。
今迄長い間見ることも聞くこともできなかった命の声を聞いている。
私達を内から照らしている「光」として語られている。
光は命です。肉の目からは見えない。見えない者のために、見えるものとして遣わされた。
光はこの世に、しばらくの間、留まりますが、しばらくすると、去っていく。
神から生まれたものは、神のもとに返るが、塵から生まれたものは、塵に返る。
神は、死んだ者(塵にすぎないもの)にも、しばらくの間だけ命を与えられる。
現れたイエスを見て、隠された真理を見る。
客観として見るのではなく、自分自身を見る。

続きを読む

聖書と「わたしはある」


ポット灯りがついて生まれる。ポット灯りが消えて死ぬ。
ロウソクの灯で見ていると、そうなる。ロウソクの灯は束の間の明かり。
ところが、よく見ると、その消える灯に消えないものがあった。
それが見えないのは、わたしの内に光がないためだった。

続きを読む

不思議体験

私が実際に体験した不思議な出来事を記録したものです。
これは、20年前に書いたもので、体験はそれ以前のものです。
「旧奮戦記」にも書いていましたので、既に読まれた方がおられるかもしれません。殆ど修正を加えずに転記しています。
ちなみに、これを読んで信じていただいた方は今までに一人しかおられませんでした。

続きを読む

聖書に書かれている「命」とは


聖書で学んだことを書き記しました。私の精神の記録として。
直観に基づくものが多いので、間違いがあるかもしれません。霊的なものは、霊と真理でもってしか分からない。肉は何一つ理解できない。
神を全く信じない人にとっては、聖書は嘘でしかないので、このブログを読んでも何も得られるものはありません。

続きを読む