騙されていませんか

騙す

知らないとだまされる。知らないことをいいことに騙そうとするものがいる。
知っているものは、ごく少なく、圧倒的に知らないものが多い。
知っているものが得をして、知らないものが損をする。
「そんなこと知らないのが悪いんだ」と堂々と言う人もいる。弱者がいるから強者が喜べるというおかしな時代だ。
これは昔からあったが、形が違ってきているように思います。
二極に分離している。

うまくだまされていると、だまされていることすら分からない。
騙し方がどんどん巧妙になってきているので、多くの人は騙されていても気づかない。
高度で複雑な社会では、何が本当か分かりにくくなっている。
こうだという人もいれば、ああだという人もいる。殆ど信仰に近い。

複雑に絡んだ網を解きほぐすのは、難解。
解きほぐしたと思っていても、まだ絡んでいることもある。
何が本当か分かりにくい。賢い人は根拠らしきものを携えて理路整然と語られるので、余計に分からなくなる。

例えばですが、「ファーウェイの通信技術で情報は盗まれているのか?」 「日銀の2%の消費者物価達成は望ましいのか?」
根拠すら分からないまま、議論が噴出する。
私も含めて、大抵の方には分からない。なのに、分かったような議論がなされる。
偉い学者や著名な方が語ると、その意見を勝手に自分の考えにして語ります。信じている。
技術の問題は、開発した人にしか分からないものがあります。その人と同レベルかそれ以上でないと、実物を見て真偽を指摘する力などない。
はっきり言って、その技術者が騙せば、そこの社長だってだませる。

既に騙されていると思った方がいい。
分からないことは分からないでいい。分かったふりをしないことです。
急いで決断しないこと。急ぐとけつまずくだけ。
たとえ分かったと思っても、それが本当に真実なのか怪しいものがある。

情報社会は、裏返せば、情報操作の社会でもある。
自分や組織を有利に見せて大衆を味方につけるのには、手っ取り早い手段です。
あっちがいいと言われば、あっちに行き、こっちがいいと言われれば、こっちに行く。
毎日、大衆は広告などに振り回されて忙しいだけ。暇つぶしにはなりますが。
結局、いままで何だったんだと後で振りかえる。
こうして、一生を終える。

以上は自戒の念を込めて、これじゃいかんと思って書いたものです。

ノートパソコンの選び方

安くて、そこそこの性能のパソコンないかなーと思って、ネットを探していると、
なかなかしっかりしたサイトを見つけた。

<下記のサイトを参照>

大学生のノートパソコン購入ガイド

「大学生のノートパソコン購入ガイド」というタイトルで大学生向けに書かれたサイトで、大変まじめな内容です。
大学生でなくても、十分参考になると思い、紹介致します。
今年、ノートパソコンを購入しようと考えている方は、失敗しないために読んでおくといいかも。
私もよく「どんなパソコンを買えばいいんでしょうか?」と聞かれたりします。価格と性能を考慮して答えないといけないので、結構悩んだりします。

このサイト内の「10万円以内で購入できる高性能ノートパソコン2020」が特に気に入っています。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ゴーンさんのことで感じたこと。


私は事件の詳しいこと、真偽については知らない。
ただ、泥棒か泥棒でないかは、はっきり見てみたい気がします。
善いか悪いかということを法律以前の問題として見てみたい。

盗んだ金額が小さければ、問題がないというものでもないから。
自分の力で大きな儲けを出しているんだから、少しぐら自由に使って何が悪いんだという感覚が生れるのもよく分かる気がする。

個人商店なら自業自得で済むだけなんですが、会社組織だと、「会社のお金=自分のお金」ではないので、盗むということが起き得ます。
ただ、会社でも個人商店に近いものもあるので、グレーな部分もありますが。

権力者となれば、押しなべてそういうところが出てきます。彼らなりの常識というか。
俺の会社、組織のトップなんだから、少しぐらい俺が自由に使って何が悪いんだとなってくる。自分の思い通りにできる状況にあると、自然にそうなるので恐い。驕りも生じる。
組織を私物化して、仲間にもおいしい汁を吸わせておけば、文句を言う人もでてこない。服従者だけが集まる。ただ悲しいかな、従業員は何も知らない。
権力者にたてつくのは、勇気がいるもの。殺されてもいいという覚悟がないとできない。
反対意見は大事だとよく言われますが、権力者にとっては遂行の邪魔者でしかない。
賢い方々?は、法的に問題がでないよう徹底して表面を繕いますので、証拠が出にくい。しかし、多くの事実を並べると、その意図が透けて見えてくることがある。

数十億程度なら、少しという感覚だと思いますよ。きっと。報酬以上の仕事をしているのにという不満もあったようだし。
「まあ、それぐらいならいいんじゃない」という見方も、世間にはあるように思える。はっきりとは言わないが。
その微妙な感覚の差は、立場や国民性によってもかなり違う感じがします。
昔から、世間は英雄には甘いところがあります。許されるというか。功績と天秤にかけてしまうというか。
もしこれが事実であるなら、従業員とか首を切られた人は頭にくるでしょうね。株主も。
今回の件は、単に組織内で起きたことなんですが、手続きをちゃんと踏んだ踏まないというだけの問題として片付けられない部分があります。たとえ無罪であれ。

「おごれるものは久しからず」「身から出た錆」これも、世の常か。
出来る人、頭の切れる人というのは、周りもそう見ているので、どうしても独壇場となる。
危うさをはらんでいる。バランス感覚がずれていても、自分ではそれが分からない。
出来る人ほど危険なものはないというのが、私の経験則。よく見てきた。
信頼されているし、疑われることもない。そこに隙が生れてくる。
出来る人が全員そうだとは言いませんが、権力や金を握ると、人が変わってしまうことが本当に多いんです。
ゴーンさんゴーンさんというように崇めたてられる方(カリスマ〇〇)は、結構おられます。調子に乗って、足元をすくわれた方もたくさんおられる。
「厚顔無恥」「傲岸不遜」

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」これが難しい。
能力のある人ほど、偏った実り方をしてしまいがち。
このことは、けつまずいて気づくことがあります。ただ、それでもすぐに、元に戻ってしまいます。人は弱い。
中身が悪ければ、外見も悪くなるもの。外見を見ると中身も見えてくる。

※推測で書いた部分が多いです。事実は、これから明らかになるのかな。

トマトの命

トマトの写真は、今日、家の庭で撮ったものです。
冬の真っただ中で頑張っている。
このトマトはいったん、夏に全部枯れ落ちてしまったんです。一度も実をつけることなく。
通常、枯れるとそれで終わってしまうものなのだが・・・
ところが、少しして、その根元から一本茎が出てきた。そして、写真のように大きくなった。
現在、実を7個つけています。なかなか大きくはならないし、赤くもなりませんが。
何もせず、放っといたままなのですが、枯れることなく冬まで生き伸びている。
季節を過ぎて、どうせ育たないから切り取ろうと思ったが、少しづつ実を増やしてくるので、可哀想になって切り取れないんです。
すぐ枯れる命もあれば、しぶとい命もあるもんだ。命に感動します。
いったん死んだ奴は強いナ。

パソコンと電気

電源をコンセントにつないだ時点で、マザーのランプは点灯

恥かしいが、私の電気の知識は小学生程度。電池で豆球を点灯させる程度。


中学生?の時だったか、オームの法則とかファラデーの法則を勉強した覚えはあります。
ファラデーの方は、電気と磁石の関係だったかな?
手の指が示す方向で、この指の方向がこれだとか習ったことは覚えているんですが、何一つ身についていない。
悲しいかな、-電気+電気と言われても、いまだにピンとこないんです。

ただ、おかしなことに、詳しい電気の知識などなくても、パソコンは直せるんです。

豆球が付くように、ファンが回ったり、HDDが動いたり、画面が表示されると、電気が流れているなと一応推察できるからです。
原理など知らなくても、その現象を見て、流れているかどうか一応判別できる。
ただ、目に見える現象がなくても、電気が流れている場合があるんです。
そういった場合には、私には全く分からない。テスタという機械を使えば分かるそうですが、持ち合わせがない。
手で感電したら分かるかもしれないが、恐いのでできない。

パソコンの場合、単に電気が流れているというだけでなく、その量が大事


その量が強さとなって、ファンを回したり、USBメモリの中身を画面に表示させてくれたりするからです。
電気の量が不足すると、ファンやHDDを動かせず、USB機器なども動かせない。これは経験で学んだが、実際に電気の量を計ったわけではない。
電気不足により、USB外付けHDDやDVDドライブが読み込めないというのはよくある話。
USBポートを二個挿さないとだめな時もあるし、直接コンセントから電源をとらないと動かないという場合もある。
まず電気が流れること。そして、その強弱がちゃんとコントロールされていることが大事なんです。

大抵の方は、パソコンのスイッチボタンを押して初めて通電すると思っておられますが、実は、PCに電源ケーブルを接続して、もう一方をコンセントに挿した時点で微弱な電気がPC内に流れています(電源ボックスやマザーが壊れていない場合)。

これは、マザーボード上の豆球ランプ(パイロットランプ)が点灯するので分かります。豆球自体がないPCだと肉眼では分からない。
その後、スイッチを押すと、マザーボード上のフロントパネルコネクタにある二つの端子(ピン)がショートしてつながり、電気信号が電源ボックスに伝わり、そこから大きな電気が供給されていく仕組みとなっている。
ショートって何だか知らなかったが、この2個のピンに実際にマイナスドライバを当ててみたら、ファンが突然動き出したので、ああこれがショートかと納得した。最初はびっくりした。
パソコンのスイッチボタンを押しても何の反応もない時、単にスイッチのケーブルが故障しているケースもたまにあります。
(ノートパソコンでは、単にACアダプタの故障による場合もある。電源ケーブルを替えて動き出したケースは何度かあります)
全く反応がない時、豆球の点灯を確認した後、マザーボード上のフロントパネルコネクタのpowerスイッチの両ピンをマイナスドライバでショートさせて確かめます。それで動いたらスイッチケーブルのどこかに問題があると分かるからです。

その他に、パソコンの内部部品が帯電して動かなくなることもあります。その場合、放電処理をします。帯電する癖がついたパソコンは何日かしてまた動かなくなることがよくある。

それでもだめなら、電源ボックスを入れ替えて動くか試してみる。それで動いたら電源ボックスに問題があると分かる。
原因究明するためには、このような入れ替えが最も効果的。代替え用の装置を持っていないとできませんが。
別のものに入れ替えて動いたら、入れ替える前のものに問題があるという誰でも分かる理屈。それほど知識はいらない。ただ、少し根気と時間がいる。

電気は回路を通る。これはなんとなく分かる。導線があるので。

つまり、媒体がないと通れない。
通常、人は歩きやすい道路を通りますが、たまに、道路をそれて草むらを歩きたい時もある。
魚は水の中を泳ぐものですが、水から出しても少しの時間は生きています。
それなら、雷はどうなのか。たとえ放電であっても媒体があると思います。
それでは、太陽の光はどうなのか。おそらく、媒体があるはずです。
電波はどうか。宇宙線?はどうか。これも同じです。おそらく。
媒体がないと通れないということだけは確かな気がする。その媒体が何であるのか知らなくても。経験とカンで。

昔から電気には全く興味がなかったが、パソコン修理の仕事をしていると、電気の流れ具合には、一応気を配らないといけない。
難しいことなど知らなくても、パソコン修理は、90%以上は修復できている。
十数年前、この仕事を始める時は、深く考えなかった。だからできたんだろう。PCの知識すらないのに。(現在、70近い)
基本、楽観的な性格なんで、なんとかなるさと思っていたらなんとかなった。
出来ると思っていたらできるもの。出来ないと悔しいんで、また、頑張れるんです。

※勝手なことを書いたので、間違いがあるかもしれない。間違っていたら、ゴメン。

年末だなー

年末になると、夜中に「火の用心!」の声が響きます。子供の声が透き通って聞こえる。
続いて、拍子木の音が二回、「カンカン」と鳴る。
また続いて、「戸締り用心 火の用心」と複数の大人の声が響く。
夜回りご苦労さん。そう思う。
昔を思い出してなつかしいもんです。子供の頃はわたしもそうして回ったことがあった。
今と違って薪を使うことが多かったので、火事が本当に多かったんです。

最近、この音が騒音でうるさいという人が増えているそうな。
声かけが、どれだけの効果を生むのか分からないが、独居老人が増えている現在、この声掛けもいいのでは。
何よりも、この寒くて暗い中を地域のために時間をさいて回っているのだから、その気持ちも汲んであげたいもの。

この他、除夜の鐘も騒音だと苦情がでているそうな。
除夜の「鐘」よりも現実的な「お金」の音の方が有難いのかな?
情緒とか余裕とかが薄れてきている気がしてならない。
もしかして、そういうことを言っている私の方が古いのかなあ・・・・?

デジタルな世界

デジタルな世界

1か0の世界は、機械的なものには、今、確かに役立っています。
電気がついているか消えているかは、非常にはっきりしているので、曖昧さがない。
ただ、現実はアナログです。どっちか判別しにくいものが多い。
例えば、裁判は白黒をはっきりさせるという意味では、デジタル的です。結果的には。
でも、有罪無罪とに分けられるものの、どうしてもグレイな部分は残ります。残る場合があります。
有罪とまでいかないまでも、無罪の方にも悪い部分はあるのではといったこともある。裁かれこそしないが。

私はグレイな部分に関心を持ちます。右か左か、黒か白かといった議論はあまり好きでない。
なので、ワイドショー的なものは、好きになれない。
あいつが悪い、こいつは馬鹿だとか、決めつけは嫌いです。そう言っている人が、そうなんじゃないかと思えてしまう。
物事をはっきりさせろという場合でも、はっきりしにくい部分が多いんです。
ただ、はっきりさせた方が頭がいいように思われます。分かったような錯覚に陥るんです。
曖昧で優柔不断な私、そういう私を自分で好きになるところもあります。

何でも素早く決断して実行しないといけないせちがない世の中。
勝つか負けるか、生きるか死ぬかの世界は、どうも私には向いてないようだ。
ファジーをファジーなままで見るのもいい。無理に白黒に分けないで。

ペイント3Dを使って透過画像を作成

Windows10に付属の「ペイント3D」の「マジック選択」機能を使うと、透過画像が簡単に作れる。透過画像はホームページ作成や合成画像の作成に役立ちます。
下の画像は、一連の作業を分かりやすくするために、作成中のペイント3D画面をスクリーンショットしてみました。
通常、3つの画像を下のように並べたりすることはありません。単にこういうこともできるよということを説明するために並べただけです。

マジック選択を使って透過画像を作成

1.左の画像:元画像です。透過画像ではありません。
2.真ん中の画像:元画像の白い部分を省いて透過画像にしました。
3. 右の画像:真ん中の画像の緑の部分と文字を省いて透過画像にしました。
 ※左の画像から一気に一番右の画像を作成こともできます。

上記画像の作成過程で使う必要がある機能としては、
1.「マジック選択」を利用して取り出した画像の「コピー&貼り付け」や「切り取り&貼り付け」。上記の画面では、同一画面上でコピー&貼り付けしたので画像が重なってしまう為、ドラッグして右側に移動させた。
2.不要な部分を□で選択して、Delete。要らない部分は何でも選択してDeleteするのが簡単。
3.上のペイント3D画面では、「透明なキャンパス」はオン、「縦横比を固定する」はオフ、「キャンパスでの画像サイズの変更」はオフとして処理していますが、それぞれのやり方で行ってください。

何でもそうですが、何度も失敗しながら慣れるしかないです。出来るようになったら簡単ですが、それまでは紆余曲折するもの。

マジック選択の使い方については下記のYouTube動画サイトが分かりやすいです。
 【ペイント3D】の「マジック選択」機能が使えそう

その他参考サイト(当ブログ内で私が書いたもの)
 Windows10に付属する便利なアプリ
 便利な「フォト」と「ペイント3D」

ランダムはランダムでない。

じ~と見ている

※この記事は12月22日の京都新聞の朝刊コラムをヒントに書いたものです。

HDDを消去する時、0か1で全セクタを上書きする。そのやり方が決まっているので、逆に元に戻すことが可能となる。
市販の復元ソフトで復元できなくても、微弱な磁気を読み取れる機械があれば可能となる。
また、ランダムなパスワードを作成すると言っても、ランダムで作成するその方法は人が決めています。
なので、その規則が分かると元に戻せます。つまり、本当の意味のランダムは作成できない。
暗号が解毒できるのが難しいというのは、解毒に時間がかかるということにすぎない。
コンピュータの性能が上がれば、一万年かかるのが数秒で解毒できるようになったりする。
暗号には必ず鍵がある。でないと、復元できないから。復元できない暗号は意味を持たない。
完全に安全な防御は難しい。ネットにつないでいる限り。たとえ大きな会社であっても個人情報は盗まれると覚悟した方がいい。
ネットから切り離したローカルなネットワークだからといっても安心できない。ネットワークがある限り。
顧客との関係で、今や組織はインターネットと完全に遮断することは、大変難しい。どこかでつなげないといけない。すると、そこから侵入出来てしまうんです。
暗号で守られていると思っているあなた。データがなくなったり、盗られたりするのは、他人ごとではないんですよ。「安心ですよ!」と言われても安心できない。
人のものを盗みたがる人は昔からいつもいます。他人のものには興味があるし、必要なものがただで手に入るんですから。ネットでは、罪悪感も薄くなる。

パニクった時

突然、今までになかったことが起きると大抵の人は慌てます。
どうしたらいいのか、一瞬分からくなります。これは私も同じ。
何が起きたのか全く理解できないと、そうなります。動物は皆そう。
自然の中でもそういうことは時折起きますが、人の作った電気機械・装置なども突然の故障が起きることはよくある。

その瞬間は、「え?」となる。思考停止します。
後でゆっくる考えて、どうしてそうなったかを徐々に理解していく。
理解というのは、少し落ち着いた後で飲む精神安定剤のようなものです。
不安解消のために飲もうとしますが、適当なものが多いんです。

これは、どんな専門家でも同じです。時間をおいて、原因を究明しますが、その時はパニクっています。
高度な技術社会では、度々そういうことが起きる。

自分と他人が同じ状況にあると、二人ともパニクルことになる。
ところが、自分だけがパニクっているような場合、意外と他人は冷静に見られることもある。他人事だから。
パソコン修理も他人のパソコンについては、意外と冷静に判断して修理できます。しかし、自分のパソコンの時は少し慌てます。
他人のパソコンの方が直しやすい。おかしなものです。
パニクルお客様がいるから、私の仕事も成り立っている。
人が造ったもので壊れないものは無い。人自体だって壊れるんだから。
ただ、同じパニクルにしても、命にかかわらないなら、少しづつ落ち着いてくるもの。
落ち着いて考えた後、その原因を知ることで、余計に頭にくるということもありえます。
自分がこうなったのは、あいつのせいだという風になりがちです。恨みに変わることもある。

パソコンが動かなくなっても、他で代用ができるものが有ればまだましですが、そのパソコンにしかデータもソフトもない。しかも、今日中に仕上げなければいけないとなると、どうしても焦ります。冷静になれない。
困り果てて電話をくださるお客様もいます。電話の声でその困り度は分かります。
でも互いに話をしていると、少しは落ち着いてくるものです。
やはり、相談できる相手がいるといないとでは、随分気持ちが違ってくるものです。

書いているうちに何を書いているのか分からなくなったので、ここらでやめときます。

PayPay加盟店になりました!!

PayPayに二度も申し込んだが、二度とも断られた。
なので、もうあきらめていた。
そうしたら、しばらくたってから、先方の方からもう一度申し込んでみないかと電話があった。
なんじゃそりゃと思った。
結果、簡単に通った。訳分からん。
これで一応、キャッシュレス対応は完了。後は、5%消費税還元事業者として登録されるかどうかです。気長に待つしかない。

お店の看板についても修正しました。

今までのクレジットの他にPayPayを追加しました。

専門外

とにかく、どんなことも細かく専門的になってきていて、専門外はそこには立ち寄れなくなる傾向がある。
ちょっと口をだせば、「知らないものが何を言っているのか!」ということになる。
専門家でないと、何も言えないのか?とさえ思ってしまう。
おかしなことが起きています。
一般人は何も知らないのか、判断してはならないのか。勉強しないものは口出してはならないのか?
自信喪失の人が増えてきた。自分でも何が正しいか分からなくなってしまったのだ。

全て判断は、法律家や技術者などに任せて、自分で判断を避ける傾向が増えてきている。
おかしなことだ。
専門家に任せて、その頭だけで動くようになると、ヒトラーが生まれてきたりします。
大きな自信家についていく方が楽なんです。思考することが煩わしいから。
つまり、思考の停止。
それに伴い、少数の自信家が世界を引っ張ていく。
昔から大きな声を上げる人が威張っていた。そして、それについていこうとする人もいた。ついていけば、自分も威張れるから。
不毛な議論が飛び交っている。その言葉に愛はなく、索漠としている。言葉が死んでいる。
悲しいことだ。

さあ、畑仕事でもしてくるか。こちらの方は実がある。