Windows Defender オフラインを使う

Microsoftのサイト:Windows Defender オフラインを使って PC を保護する

Windows セキュリティのオフラインスキャンを利用すると、通常のスキャンでは見つからない悪意のあるソフトウェアを検出して削除できることがある。
下記画像は、Windows10の画面です。

Windows7で「Windows Defender オフライン」を利用するには、上記サイトを参考にし、空の CD、DVD、または USB フラッシュ ドライブ (空き容量が 250 MB 以上) を準備してから、ツールをダウンロードして実行します。手順に従ってリムーバブル メディアを作成してブートする必要があります。

Microsoft Securuty Essntials

Windows7が起動しないパソコンがようやく動くようになった。
すると、勝手に悪意のあるソフトウェア―が1件発見されて、削除された。やられてるなと思った。
でもおかしい。
ウィルス対策ソフトが正常に機能していなかったので、そのソフトを削除。Microsoft Securuty Essntialsをインスト―ルしてみた。
そして、「クイックスキャン」が行われると、7個ほど重大な脅威が発見された。削除。
でも何かまだおかしい。そのまま様子を見ていた。
念のために「フルスキャン」をしてみた。すると、また、重大な教が5個見つかった。削除。
結構しぶといやつだ。Microsoft Securuty Essntialsでこれだけ発見されたというのは、経験上覚えがない。
これが原因でWindowsが起動しなくなったのかもしれない。

Windows Defender オフライン スキャン

Windowsが起動してしまってから行うウィルススキャンは、見逃しが生じることがあります。
WindowsはWindows外から、例えばLinuxとかブータブルCDとかでPCスキャンしないと、実際には発見できないことがある。
ところがなんと、Windows10には、その方法が用意されているんです。意外と皆さん知りません。いや実は私も知らなかった。
それが、「Windows Defender オフライン」です。
スキャンオプションの一つですが、それを選択すると再起動して、Windowsが起動する前にスキャンしてくれる。
一度自分で持っているパソコンでそれを試してみるといいでしょう。

不良HDDを別のHDDにコピー

ディスクのコピー
ディスクのコピー

PC上でソフトを使ってディスクをコピーする方法もありますが、PCを長時間占有されてしまうので、今回はエラー回避機能のあるクローンスタンドを使っているところです。これならPC不要でコピーが可能です。

不良セクタがたくさんあり、HDDの読み込みにも大変な時間がかかる1TBのHDDを正常なHDDにコピーしています。
通常なら数時間で終わる作業ですが、まだ5日間かかってもコピーが終わらない。二日前には50%終わったのだが。
Windowsが起動しないので、PCで修復作業をしようとしたら、HDDが余りにも悪いので修復作業自体が困難。
新しいHDDにそれをコピーして、新しいHDDで修復作業をしようとしているんです。
新しいHDDなら読み込みも速いので、修復作業もしやすいと思って。
Windowsの 修復までは難しいかもしれないが、データの救出はひょっとすると可能かもしれない。今のままでは、読み込みもままならないので。
通常こんなことまでしません。あきらめて再インストールするのが普通だから。
暇だからできるんです。それと執念かな。
お客様の了解のもと、ダメもとで行っております。
何でもやってみないと分からないので。

結果はお楽しみに。

Windows7が起動しない

【お客様の持ち込み案件】

Windows7が起動しない。Windowsのロゴは出るものの、その後が続かない。再起動となって同じ繰り返し。
セーフモードでも起動しない。しかし、システムファイルの読み込みは行っているのは見て分かった。
「コンピュータの修復」(自動修復で特定できず、システムの復元実行できず、bootrecコマンドもダメ)を行うも修復できない。
万事休す。今や、再インストールしかないという状況だった。ファイルのバックアップもしておいたし。

見た感じ、レジストリ関係の問題と予想できた。システムの復元ができたらすぐ直るんだが、それが使えないという状況。

ならばと、ダメもとで最終手段で行ったものが下記の方法。真似をすると危険です。それ故、皆さまにはおすすめはしない。
通常なら、再インストールが無難です。

【操作内容】

  1. Windows7のインストールディスクを利用してブート。修復ディスクではない。
  2. コンピュータの修復を選択。オプションのコマンドプロンプトを利用してnotepad(メモ帳)を開いた。
  3. コンピュータ→Windowsフォルダを開き、レジストリを削除(sysytem32\configの中のdefault・system.sum.sofwareの後にoldの拡張子を付した) このまま通常起動しても、レジストリファイルがないので、当然起動しません。
  4. なので再度Windows7のインストールディスクを利用してブート。
  5. 再度コンピュータの修復を選択し、スタートアップ修復を試みた。
  6. 終わったら、再起動して通常の起動を行った。

すると、簡単にWindowsが起動した。運が良かったのか。
直った理由は、おそらく自動修復で新しいレジストリをバックアップレジストリから自動的に作成してくれたためではないかと推定。
システムの復元が使えないような場合、一度試してみる価値はあると感じました。

HDDの故障

パソコンが遅かったるすると、大抵、お客様からは、画像が多いからなんですかねと聞かれたりする。
HDDの容量が余程小さければそういうこともありますが、最近は大容量なので、画像が影響をすることは少ない。
その他、アプリやシステムの異常で遅くなることもありますが、HDDの異常まで考えるお客様は少ない。
修理の仕事をしていると、HDDの故障は度々あるんですが、お客様のほとんどはそんなこと思いもしない。
だから、調子の悪いまま使っておられる。そうするとどんどん悪くなる。
ある時、動かなくなって初めて相談に来られる。
壊れ方にもよるが、ひどいとデータの取り出しさえできなくなる場合もあります。
HDDは消耗品なので必ず劣化するし、いづれ壊れる。

一般的にパソコンが壊れたと言いますが、HDDの故障で、そう言うのもおかしな気もする。
HDDを交換したら、ちゃんと使えるわけだから。
でもパソコンは皆、部品の集まりなんで、部品を変えたら使えることになるから、アバウトでそう言うのもおかしくない気もする。
まあ、そんなことはどうでもいい。どこがおかしいかが大事なんです。
ハードなのかソフトなのか、どちらに問題があるのかを最初に見極めることが大事なんです。

最近HDDの故障による修理が多いので、書いてみました。
今、HDDの診断をしていますが、14時間程度かかってもcheckがまだ終わらない。
HDDの中身はガタガタ、unreadableとdeleteとrecoveringばかり。このHDDはもう使えない。
先にデータの取り出しを行っておくべきだったかな。いや、もう少し我慢しとこっと。
(※顧客には了解済みなんで)

Windows10、バージョン1909の機能更新プログラムが配信(2019/11/13~)

11月13日から、Windows Updateにより逐次配信される。下記画像にある「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックして更新手続を行う必要があります。
実際に行ってみると、通常のアップデートと同じ感じです。あっという間に完了して拍子抜けした。
今までのバージョンアップの中で一番簡単。デスクトップ画面を見ただけでは、どこが変わったのか分からない。

【詳細内容】 
「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」製品版が登場 Windows Updateから「オプションの更新」として適用可能 (ITmedia)

アップグレードした後の違い

1909にアップグレードすると、スタート画面左のアイコン上にマウスポインタを置くと、「ドキュメント」などの文言が現れるようになっていますので、変わったことが分かります。

「メモ帳」は「縁の下の力持ち」

メモ帳の作成方法
メモ帳のすすめ

随分昔からあるWindowsの「メモ帳」は、「縁の下の力持ち」。
何らかの文字を打って誰かに伝えたいとか、何かを記録しておきたいとか思う時、すぐに使えるのがテキストファイルの作成。

このブログ記事なんかもそうですが、まず、メモ帳で書いてから、コピー貼り付けしてブログ記事にしています。
私の場合、ブログごとにメモ帳を新規作成するのが面倒なので、「ブログ作成用」という名前で1ファイルを作成しておいて、その1枚にあらゆるブログ記事を書き足している。
つまり、1枚の「ブログ作成用」ファイルをダブルクリックして開いて、前の記事の最後の行の後に新しい記事を書いている。
テキストファイルの中で最もシンプルですぐ使えて軽いと言えば、拡張子が.txtのメモ帳ファイルです。
文字しかないので、様々なソフトで利用可能。

何と言っても、思いついたらさっと文字入力できる、その素早さが魅力。格好なんかは後でどうにでもなりますから。
直接Wordやブログ記事に書いても構いませんが、さっと書けるところがいいんです。

メモ帳を馬鹿にしてはいけませんよ。本当に便利なんだから。

甘いものにご注意

おいしいものは、人それぞれ。
ある人においしいものが、他の人にはそうでないこともある。
つまり、画一的でない。
母乳は、大人にはおいしくないが、赤ん坊にとってはおいしいもの。
体が本当に欲しがるものは良くて、欲しがらないものは悪い。これが、本来です。

ところが、本来のものが崩れてしまうことがある。
本来、体が欲しがっていないのを食べ続けると、麻薬のように中毒になってしまうことがある。
特に甘いものには気を付けないといけない。赤ん坊に甘いものが禁物であるように。
食べ物だけでない。ちやほやされたり、名声なども甘いものです。食べたらそこから抜け出せなくなる。
甘いものばかり食べていると体を悪くする。心も悪くなる。
苦いもの、辛いものも用意されており、それも食べないといけない。
たまに甘いものを食べて、甘さを喜ぶ。毎日甘いものばかりを食べていると、地獄のような悲しい時が来る。
体や心はいつもリセットしないといけないのですが、同じものを食べていると、伸び切ったバネのようになり、元に戻れなくなる。
思想や考え方も同様です。中毒症状になる。
困ったことに、本人が中毒であると気づかないこともある。気づいても直そうとしない。そうすると、悪化の道、奈落の道しかない。
偏らない、決めつけないという姿勢が大事です。決めつけると、そこから抜け出せない。
毎日、リセットすべきです。

甘い誘惑がある。本来、その時々、必要なものは異なるものですが、甘い誘惑は、そのリズムを狂わせてしまう。甘いものには注意です。
食べると、本来の状態に戻るのが難しくなる。
戻れなくなったら、もう遅い。戻れるうちに戻しましょう。

知性派がお好きですか?

知性的な人は冷たい人が多い。冷たいから知性派になれるのかもしれない。

色んな批評家やコメンテータは、確かに知性的ですが、概して愛情が薄いようにみえる。
他人を批判することは得意ですが、自分では何もしない。その言葉に愛がない。
逆に、愛情の深い人を見ると、知識を表立って現わされませんが、にじみ出てくる正義、真実を感じます。ただ、そういう人は数少なく、表舞台にも出てこない。
色んな考え方があるが、どれも一長一短。何が正しいか分からない。絶体でない。
自由な考え方が増えた分だけ、混乱も増えてしまう。
結局、知識は混乱を招く。絶体というものが無い。知識の捉え方は人それぞれだから。
世の中の混迷は、自由と分離からくる。
自由はいいが、ほとんど好き勝手に近いというのが、今の世の中。
個人主義が行き詰まっている。
所詮、自分が一番と思う心に、まとまりなど生じようがなく、分離と対立しか生れない。
こういう風にしたらいいと決めて、そうするものの、すぐにほころびが出る。
ほころびを直そうと変えていくが、それもまた続かない。また、ほころびが出る。
頭で考えたものに、まともなものはない。

何も知らなかった子供の頃の方が幸せだった。その場所しか知らなかったが、それが故に平穏に暮らせた。
都会に出てたくさん知って、田舎を馬鹿にしていたが、そうではなかった。
馬鹿にしていた方が馬鹿だった。
たくさん知ったように思っていたが、実は何にも知っていなかった。今はそう思う。
たくさん知った分、混乱が増えるだけ。比較対象が増えてしまい、自分を卑下するか、他人を馬鹿にして攻撃したりとか、不幸なことばかり起きてしまう。
何のために勉強したのだろう? 不幸になるためなのか。一体、知識など必要なんだろうか?
世界中のことや歴史や思想などたくさん知っても自己満足に過ぎないのではないだろうか?

どんなたくさんの知識も一つの愛に勝ることはない。
そして、愛から知恵が生まれる。

また暇に任せて好き勝手に書いてしまいました。反論も多いと思いますので、回答も致しません。

Windows10に付属する便利なアプリ

Windows10には、最初から付属している便利なアプリがいくつかあります。
フリーソフトや有料ソフトをインストールしなくても、画像の編集やビデオの作成などこれらのアプリで十分間に合う場合もあります。
是非お試しください!

フォト(ビデオの作成もできる!)

  1. 写真を見るだけでなく、
  2. 「写真の編集」(トリミング・フィルタ・効果・スポット修正・文字やイラストの追加など)ができます。
  3. 写真や動画を組み入れて、簡単に「音楽入りビデオ」(以前のムービーメーカに似ている)の作成ができます。
  • ※写真の編集は、「フォト」アプリだけでなく、
    「ペイント」や「ペイント3D」(Windows10に付属)でもできます。
  • Windows10を使っている方は、高機能な「ペイント3D」の利用をおすすめします。
    サイズ変更や切り抜きの他に写真の中の一部分(人物とか物)だけを取り出すこともできます。

▶使い方が書かれているサイト
 ・初心者のためのWindows10「フォト」使い方講座
 ・便利な「フォト」と「ペイント」「ペイント3D」 (当ブログに掲載中)
 ・Windows 10 の使い方・Tips

ステップ記録ツール(画面をキャプチャー)

  1. 自分が操作した手順を画面キャプチャーして記録できます。
  2. 動画形式としてではなく、一つのmhtファイル(画像+文字)として保存される。

    【動画として記録したい場合】
    「Power Point」や「Xbox Game Bar」を利用します。
     PowerPoint を使って画面操作の動画を撮る (他サイト)
    「Xbox Game Bar」での録画は必要なシステム要件を満たしていないと機能しない。その場合、フリーソフト「VideoProc」などをインストールして動画として記録する方法もあります。

▶使い方が書かれているサイト
 https://www.pasocoop.jp/single-post/20181003

付箋(旧名Sticky Notes)

  1. 付箋に画像を挿入することも可能となった。

▶使い方が書かれているサイト

切り取り&スケッチ(PC画面を簡単に切り取り)

  1. 切り取り&スケッチ は、パソコンに表示されている画面を、画像として取り込むアプリです。
  2. 全画面や特定のウィンドウ、領域を自由に選択するなど、必要な部分を取り込めます。
  • Windows10には、「Snipping Tool」という同じ機能のツールがありますが、いづれ廃止予定です。

▶使い方が書かれているサイト
 https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=5411-2141&rid=282

映画&テレビ

  1. 動画ファイルをダブルクリックすると、Windows10の既定では「映画&テレビ」アプリが起動します。(※他のソフトがインストールされていると、そのソフトから起動するよう関連付けが変更されている場合もある。)
    また、フォトアプリやWindows Media Playerを使用して動画を視聴することもできます。
  2. 残念ながら、「映画&テレビ」「Windows Media Player」「フォト」は、DVDビデオやMPEG2形式の動画には対応していません。
    なので、Windows10 でDVDを視聴したい場合は、別途DVDプレーヤーソフトをインストールしないといけない。
    Microsoft Store内にもたくさんのプレーヤーソフトが用意されていますが、フリーソフトの「VLC media player」がよく利用されています。ほとんどの動画が見れます。

  ・映画&テレビのヘルプ (マイクロソフトサポート)

シンプルでありたい

近くのスーパー2先がpaypayを導入したので、試してみた。
どちらのお店もQRコード決済なので、paypayアプリでお店のQRコードを読み取って金額も入力しないといけない。
バーコード決済と異なり、どうしてももたついてしまう。ちょっと面倒。
少し前に、paypayアプリをスマホに入れた時、クレカや銀行口座の登録などが面倒でしたが、実際に購入する段階でも面倒だった。
どんくさい私には向いていないようだ。若い女性店員さんに「簡単ですよ!」と言われたが、ちょっと癪に障った。

やはり、デビットカードが一番楽ちんだ。5%の還元分は銀行口座に振り込まれるので大変分かりやすいし。
明日からは、デビットカードかauウォレット(電子マネー)を使おう。
スーパー1先は、クレジットカードすら利用できないお店。ここでは、プレミアム商品券で対応しよう。

複雑な制度は混乱を招くだけ。シンプルライフでいきたいもんです。

複雑化した社会

ますます学問(科学や法律など)が細分化され、仕事の種類も細分化されてきている。
これは、前回の多様性とは異なるもので、人がそうしているのです。
そして、 この複雑さに、今や、人の頭はついていけなくなってきている。
ついていくためには、コンピュータのような機器を使う以外なくなってきた。
こうして、機器を利用せずして、この複雑化した社会を生き抜くことが難しくなってきた。
機器依存、AI依存の社会が生まれようとしている。
そうすると、機器の上手な使い方が重要となってくるので、自分で考えることは少なくなる。
機器の開発者は考えますが、使い手はひたすら使い方を覚えるだけでいいということになる。
こうなると、学校で勉強などする必要があるのか、ということにもなりかねない。
全部、AIが解決してくれるんですから。
これは極端なようですが、その方向に向かっているように思えます。

ミスが恐くなってきている。コンピュータの設計ミスやそれらを使うもののミスです。
「ミスをした!」で済まされない大きな事故になることすらある。命にかかわることもある。
なのに、このミスの責任意識というのは以外に薄く、責任の所在もハッキリしにくい。
ウッカリしていた、これは機器が悪いんだ、で済まされてしまう。これが恐い。

複雑化してくると、人は自然に、自分の頭で考えるのを放棄してきます。考えることはしんどいので。
次第に、専門家やAIや政治家にお任せするようになってきます。これが恐いんです。
専門家やAIなどがいつも正しければいいのですが、そうでない場合もあり得る。
ミスがあってもミスと知らされない場合もある。伝えられなければ分からないからです。
下のものは上のもののミスを自分で見つける力を持っていない。
高度化してくると、上と下の開きが大きくなってきます。知っているものと知らないものの差が大きく開く。
もし、知っているものが悪用したりすると、大変なことになってしまう。
例えば、ハッカーに勝つには、ハッカー以上の知識を持っていないと勝てない。最悪、ネットから切断するしかない。
知っているものの犯罪というのは、非常に巧妙で分かりにくいからです。
技術の進歩は、反面、危いところが多いものです。しかし、便利なことが前面に出されて、それらが覆い隠されてしまっている。
情報操作というのは、意外に簡単です。もうすでに、私達も洗脳されているもしれない。

多様性について

皆が医者でも困るし、皆が弁護士でも困るし、皆が政治家でも困る。それぞれがそれぞれの役割を持って働く。
こうして、社会は成り立っている。
どの役割が上で、どの役割が下というものでもない。
上下を人が勝手に格付けしたりするが、これが一番いけない。いけないと分かっていても、そうする。

また、イデオロギーの違いというのもあります。〇〇主義か△△主義かという。
どうも私はそういうのが馴染めない。実際のところ、よく分からないし、単なる主義だけでよくなるものでもないと思う。
現状を少しづつ良くしていけば自然と形ができてくるもんで、先に形を決めても、結果はあまり変わらない気がする。
ぼんやりしたことを目標にするより、今、目の前の問題を解決していくうちに良くなっていくんではと思います。
基本、人がたいして良くならないのに、社会だけが良くなるというのはあり得ない。たとえどんな社会になろうと。
知識では色々語れるでしょうが、知識だけで世界が良くなるわけではない。
自分の身の回りのことがうまく解決できなくて、社会をこうすべきなどと語る資格なんてあるのだろうか。

色んな人がいます。あの人はなぜそうしたがるのか、全く理解できないところが必ずあります。多様性とはそうです。
理解できないが故に、認めるということが大事になる。皆、違うからです。
この違いというのは、イデオロギーがどうのこうのと語る以前から、本質的に違うんです。
この違いが大変大事なんです。無理に同じにしようとすると、狂ってしまいます。