複雑化した社会

ますます学問(科学や法律など)が細分化され、仕事の種類も細分化されてきている。
これは、前回の多様性とは異なるもので、人がそうしているのです。
そして、 この複雑さに、今や、人の頭はついていけなくなってきている。
ついていくためには、コンピュータのような機器を使う以外なくなってきた。
こうして、機器を利用せずして、この複雑化した社会を生き抜くことが難しくなってきた。
機器依存、AI依存の社会が生まれようとしている。
そうすると、機器の上手な使い方が重要となってくるので、自分で考えることは少なくなる。
機器の開発者は考えますが、使い手はひたすら使い方を覚えるだけでいいということになる。
こうなると、学校で勉強などする必要があるのか、ということにもなりかねない。
全部、AIが解決してくれるんですから。
これは極端なようですが、その方向に向かっているように思えます。

ミスが恐くなってきている。コンピュータの設計ミスやそれらを使うもののミスです。
「ミスをした!」で済まされない大きな事故になることすらある。命にかかわることもある。
なのに、このミスの責任意識というのは以外に薄く、責任の所在もハッキリしにくい。
ウッカリしていた、これは機器が悪いんだ、で済まされてしまう。これが恐い。

複雑化してくると、人は自然に、自分の頭で考えるのを放棄してきます。考えることはしんどいので。
次第に、専門家やAIや政治家にお任せするようになってきます。これが恐いんです。
専門家やAIなどがいつも正しければいいのですが、そうでない場合もあり得る。
ミスがあってもミスと知らされない場合もある。伝えられなければ分からないからです。
下のものは上のもののミスを自分で見つける力を持っていない。
高度化してくると、上と下の開きが大きくなってきます。知っているものと知らないものの差が大きく開く。
もし、知っているものが悪用したりすると、大変なことになってしまう。
例えば、ハッカーに勝つには、ハッカー以上の知識を持っていないと勝てない。最悪、ネットから切断するしかない。
知っているものの犯罪というのは、非常に巧妙で分かりにくいからです。
技術の進歩は、反面、危いところが多いものです。しかし、便利なことが前面に出されて、それらが覆い隠されてしまっている。
情報操作というのは、意外に簡単です。もうすでに、私達も洗脳されているもしれない。

多様性について

皆が医者でも困るし、皆が弁護士でも困るし、皆が政治家でも困る。それぞれがそれぞれの役割を持って働く。
こうして、社会は成り立っている。
どの役割が上で、どの役割が下というものでもない。
上下を人が勝手に格付けしたりするが、これが一番いけない。いけないと分かっていても、そうする。

また、イデオロギーの違いというのもあります。〇〇主義か△△主義かという。
どうも私はそういうのが馴染めない。実際のところ、よく分からないし、単なる主義だけでよくなるものでもないと思う。
現状を少しづつ良くしていけば自然と形ができてくるもんで、先に形を決めても、結果はあまり変わらない気がする。
ぼんやりしたことを目標にするより、今、目の前の問題を解決していくうちに良くなっていくんではと思います。
基本、人がたいして良くならないのに、社会だけが良くなるというのはあり得ない。たとえどんな社会になろうと。
知識では色々語れるでしょうが、知識だけで世界が良くなるわけではない。
自分の身の回りのことがうまく解決できなくて、社会をこうすべきなどと語る資格なんてあるのだろうか。

色んな人がいます。あの人はなぜそうしたがるのか、全く理解できないところが必ずあります。多様性とはそうです。
理解できないが故に、認めるということが大事になる。皆、違うからです。
この違いというのは、イデオロギーがどうのこうのと語る以前から、本質的に違うんです。
この違いが大変大事なんです。無理に同じにしようとすると、狂ってしまいます。

専門家と凡人

専門家の人はよく言います。これぐらいのことは知っておくべきとか、もっと積極的にこのことにかかわるべきだとか。
私達凡人は言う。なんでそんなこと知らないといけないのか。なんでかかわらないといけないのかと。
つまり、ずれている。
大抵が凡人なのですが、専門家に影響を受けると、似非専門家になったりする場合がある。この人たちはちょっと厄介です。取りつかれているから。
凡人の方がましな時もある。偏りが少ない分、意外と冷静に見えることもあるからです。
専門家は、どうしても専門分野を通して世界を見てしまうので、色眼鏡で見ていることが多い。あまりひどいと、洗脳状態になることもある。
小さなことが大きくなったりし、逆に大きいことが見過ごされていることもある。
世の中には、専門家がたくさんいて、それぞれの意見をイチイチ聞いていたら、こちらの頭がおかしくなってしまう。
これを食べると健康がいいとテレビで放送されると、すぐに皆それを買いに走る。店頭には、情報を察知して、その食品が準備されていたりする。
健康にたいそう気を遣う人は、大体、不健康な人が多い。
健康な人は、たいがい、あまり健康について気にしないもの、全般的にくよくよ考えない。あるものを食べておられます。
本来、美しい人は自分で美しいとは思っていないもの。自分が美しいと意識しだすと、美しくなくなってくる。
専門家の言うことをイチイチ聞いていると忙しくて仕方がない。振り回されてしまいます。

情報過多の現代。情報を制するものが勝つというおかしな時代。
そういう常識、呪縛から解き放たれないと、自由に生きれない気がしてならない。

キャッシュレスポイント還元業者の探し方

市内のどこのお店に行けば5%や2%のポイント還元を受けられるのか分かりにくいので調べてみた。(2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月間)

ネット検索で、キーワード「キャッシュレス決済 5% 亀岡市 店舗」で検索すると、亀岡市内の該当の店舗が一覧表で表示された。
その一覧表部分を選択してコピーし、Excelに貼り付けて、表の格好を整えて印刷しました。
これで、どの店に行くとポイント還元が受けられるか一目瞭然です。

ポイント還元を受けられないお店にはまことに申し訳ないが、少し足が遠のくかも。
資本金が小さいところが今回の対象なんですが、そういうお店って、キャッシュレス対応していないところがまだまだ多いのが現状。
近くでよく行くスーパーが対象に挙がっていたのでホッとした。さあ、デビッドカードを使うぞ!
興味のある方のために探し方を書いてみました。

追記:ZAIMのキャッシュレス還元マップを利用すると、対象先を簡単に探せます。

また、経済産業省のページでも探せます。9月中下旬には、地図上に対象店舗を表示するウェブ機能やアプリを公表予定だそうです。

論理的?

よく分からないことはとても多いのですが、時折、判断に迫られることがあります。
選択を余儀なくされる時、分からなければ、大抵、感覚的に決めてしまいます。
ただ、何故そう決めたのかと突き詰められるような場合は、論理的な武装が必要となってきます。
こういうことをするとこうなって、こうなるので、こうすべきであるという論理武装が必要となってくる。
こういう論理は、本やネットたくさんあふれているので、自分に合ったものを選ぶ、身に着けることになります。
よく分からないのだが、「こういうことをするとこうなって、こうなるので、こうすべきである」と書かれていると、なるほどと分かった感じになってしまう。
頭だけで考えたもの、想像や推理によるものは不確なものですが、それが正しいと思ってしまう。
こうして、大衆は操られていきます。多くの人がその論理に傾くと、それが、民意となってしまう。
操るのは簡単です。
「こういうことをするとこうなって、こうなるので、こうすべきである」という多くの人に受け入れやすい案を勝手に作ればいいのだから。
数学の世界では、解があり、証明がある。しかし、社会的な事柄については、決まった解も証明もなく、単なる予想に過ぎません。

人は予想に基づいて、今、行動していると言ってもいいでしょう。元々、非論理的なんです。

だから、予想が恐いものだと、今の行動はとても防御的になります。
昨日そうだったから、今日もそうだろうと思って行動している。大きな変化は頻繁に起きないから。雨の予報がると、傘を持って出る程度。
けれど予想は、はずれが多い。思い通りにならないことばかり。
元々論理的でないものを論理的に把握しようとすることには無理があります。なのに、論理的な説明が好きなんです。
構成要素が複雑すぎて、いくらパラメータを使っても、把握しきれるものでない。
しかも、自分も他人も世界も予想通りに動くとは限らない。
極端に言うと、一寸先は闇です。
誰も天井が今落ちてくると予想して行動はしません。普段は、大きく変わらないことを前提にして行動しているから。
けれど、実際に地震が起きれば、そうあることもある。その時は嘆くが、また、元に戻ります。
小さな変化は目に見えにくい。それが重なると、突然大きな変化をもたらすことがある。小さな変化まで気付けない。
よく分からないというのが、本当です。なのに、人は分かったふりをしたがります。上手に説明されると、すぐに信じて飛びついていきます。

考え方

考え方というのは、派生的なものです。
着物のようなものに着せ替え出来る。
カメレオンのように、その場でその場で変わる。隠れ蓑として利用しているだけ。
本質隠しのようなものです。
考え方というのは、その人の経験に依存する度合いが高い。
経験によって、そうだと感じて納得した事柄が、考え方として定着してくる。
同じ経験でも受け取り方が異なる場合もあります。様々です。
そうとると、そうなってしまうだけのこと。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という言葉がある。
なので、その人が嫌いなら、その人の考えまで嫌われる。
つまり、同じことを言っても、ノーベル賞学者や権威ある人が語ると、正しいと思われがちです。
私なんかが同じことを言っても、信用してもらえない。権威ないからなー。
好かれることの方が大事です。相手に分かってもらうには。考え方よりも先に。
相手の考え方をまともに糾弾したりすると、うまくいかない。夫婦喧嘩の元。相手が腹を立てるだけ。たとえ正しいこでも、言えばよいというもんでない。
夫婦で直球勝負は避けるべき。私なんかは、すぐ引きます。さすがに全部引くのはいやなので、1勝10敗程度でいいやと思っています。
考え方は誰かから勝手に拝借してくることもできます。都合のいいように。
考え方がおかしいと指摘する場合、指摘する人の考え方が正しいということが前提になっています。 ところが、どちらもおかしいことがよくあるんです。
と言うより、考え方というのは、元々、当てにならない。適当なんです。

普段会っている人の中でいい人だと思われるのが一番かな。
普段会ったこともない人(テレビに出ている人など)なんか、簡単にいい人だと分かるわけがありません。適当にいい人ぶることもできるんだから。
実際に会ってみたら、なーんだと思うかもしれない。百聞一見に如かず。まあ、陶酔してしまうと別だけど。
いい人はいいものを持っているというか、かもし出しています。ここに考え方に勝るものがある。

支配者と被支配者

強い者は弱い者がいるから強い者と呼ばれる。
勝者は敗北者がいるからこそ、勝者と呼ばれる。
合格者は不合格者がいるからこそ、合格者と呼ばれる。
つまり、一方がなければ、一方もない。
支配されるものがいなければ、支配者もいない。

上手くいっている社会には、支配者も支配されるものもいない。
腕力の強いものや弱い者はいても、支配者でも支配されるものでもないからです。
個々の違いは厳然としてあります。しかし、それは本来互いに補うためにある。
水が高いところから低いところに流れるように、力は強い者から弱い者へと補われる。
多様性こそが世界。多様性があるから、秩序もある。
支配者と被支配者という区分けを勝手に作ったのは、人です。
本来、違いはあっても区分けなどなかったのです。
それぞれがそれぞれの役割を担っていたのです。そこには上下もなかった。

勝ち負けにこだわる人は、その時点で、人を愛する心を失っている。
こんなことを書けば、大抵の人に非難されるに違いないと知りつつ書いています。

公明正大

公明正大に行われていることは少なく、公明正大に見せかけることは多い。
これは個人も組織も同じ。
このことに目くじらを立てないで、そんなものだと思っていた方が間違いがない。
どんな組織、個人でも、裏があるのが普通。臭いものには蓋がされている。
臭いものほど見事に美しいもので包み隠されている。
その暗部を突かれると困ってしまうのは、ひょっとして全員かもしれない。
だから、必死でばれないように心掛けている。
人は勝手なもんで、自分も公明正大でないのに、なぜか他人にはさらなる潔癖さを求めようとします。
おかしなことですが、またこれも、そんなもんだと思っていた方が間違いがない。

内部告発は恐い。表に出してはいけない部分が外に出てしまうと、会社なら社運に影響することもある。
一個人にしても、心の葛藤があります。出てくるものを理性で抑えている場合も多く、ストレスがたまってくる。
抑えが効かなくなって爆発することもあります。場合によっては、違法行為になることもある。
自分に正直に生きるなら、結局、悪く生きることになってしまうんじゃないかな、とさえ思えてきます。
自分の愚かさを知っているなら、簡単に他人を馬鹿な奴だとか言えなくなると思うんですが。

違っているかな?

宇宙

宇宙に果てはあるのだろうか?子供の頃、素朴に思った。
否。あるように見えるだけ。
あるように見えているのは、区切った空間、区切った時間でもって見ているからに違いない。
粒単位で見ているからです。これは、自分が粒だと、粒として見るからです。

実際には、区切られたものなんかないと思います。
なので、縦もなく横もなく真ん中もない。距離もないので、広がりもない。重さもない。
宇宙は決して器のようなものではない。
無限とも異なります。無限は単に有限の延長にすぎないから。
時間と空間を感じる世界に今いるのに、このことに少し納得している自分がいます。
宇宙を見ると、いつも不思議な念に駆られる。

こんなことを書くと、頭がおかしい奴だと思われるだろうな。
実際にのところ、頭がおかしいんだから、しょうがないでしょ。

記憶の保存場所

記憶は脳の中にあるというが、実際に見た人、読んだ人はいない。
もし、HDDのように磁気保存されているのであれば、その人の記憶を誰でもが見れることになるでしょう。
しかし、記憶というのは物質的な脳にはないと思います。確かにその部位を通して映像化されてはきますが。
記憶は物質的というより心的なものだと思います。なので、いくら脳を分解しても出てこないと思います。
おそらく目に見えないところにあるに違いない。と言うのも、人はすべてが見えているわけではないからです。
見えている部分は表面だけです。
見えるというのは、心あって起きることです。唯心論に近い。ただ、その心にも色々あります。物質的なものもあるんです。
有史以来のすべての出来事は、きっとどこかに保存されているに違いない。ただ、それを垣間見ることができる人はが少ないだけで。
こんなことを書くと笑われるに違いないが、私にはその方が納得できるんです。

概念について

「概念」の概はおおむねです。
つまり大体(だいたい)です。

人の言葉は概念でもって語ります。大体(だいたい)で語っている。
大体でもって語っているのだから、大体で聞いていればいい。
大体で語るから、たとえ言語が違っても会話が可能となるんです。
大体がいい。あまり正確に定義しようとすると、どうしても漏れるものが出てくる。
あいまいなものに、大事なものが含まれている気がします。厳密に定義してしまうと、大事なものが失われてしまう。
あいまいなものをあいまいなままで伝えるからこそ、大事なものが失われない。
聞く者もあいまいなものとして聞けばいいのだが、あいまいさに文句を言う人がたまにいる。
誤解してしまうからだ。言葉が独り歩きしてしまうことがあるからだ。
大体なんだから、そうムキになることはないのだが、ケチをつけたがる人は多いのには困ったもんです。
文句を言う人は、根っこから文句の言いたがり屋さんです。攻撃的。
元々が大体なんだから、大体でいいんじゃないですか。
ファジーをあえてクリアーにする必要はないと思うんですが。

最近、言葉面を捉えたものが、ニュースになりすぎる。おかしなもんだ。

木を見て森を見ず

「木を見て森を見ず」という言葉がある。逆もあります。

例えば、人を細胞単位でばかり見ていると、人間像が見えてきません。
それなら、どの単位で見ればいいかというと、普段見ている単位が最もわかりやすい。
細胞単位では、何が起きているか分からない。自分の体のことでさえよく知らない。
つまり、分かりやすいものは、分かりにくいもので構成されています。
このことは大事です。このことを知ることが大事です。知らないことはあまりにも多いからです。
人の体に住み着く菌や虫、それぞれ勝手に動いているようで、全体のためにもなっている。
全体のためではなく、全く自分だけのためだけに働くようになると、癌細胞のようになってしまいます。
本来、個は全体のために動いています。気づきにくいだけです。

気づきにくいが故に、自分が果たして全体のために動いているのか、それとも癌のように動いているのか判別できません。
突然、全体のために動いていたものが、自分だけのためへとスイッチが切り替わることもあります。
しかし、その切り替わったこと自体、自分では気づけない。
見る人が見れば分かりますが、本人には分からない。そういうものです。
実に厄介です。
元々知らなかったものが、変に知るようになった時、こういうことが起きてしまう。