便利な「フォト」と「ペイント3D」

Windows10に標準搭載のアプリ、「フォト」と「ペイント3D」、これが意外と使える。

※簡単な写真や動画の編集なら、これで楽々とできてしまいます。

高額なソフトやフリーソフトを導入する前に、ぜひこのアプリを試してほしい。

  • フォトを使って動画編集ができるなんて私も知らなかった。
    以前の「Windowsムービーメーカー」の感じで使える。ただ、残念なことにシーン切り替え時のトランジション効果が用意されていない。
    トランジションが必要となる場合、代わりに、前シーンの終わり部分にテキストの「アニメーション化されるテキストスタイル」を挿入するとか、シーン間に写真やテキストを挟んでそれにフィルタやモーションを追加するとかの工夫が必要になります。
  • ペイント3Dは、3Dモデルだけを作るものと思っていた。
    こんなに色んなことができるとは知らなかった。

教室の教材(入門編)として十分使える。要点を忘れないために、自分の備忘録として書き残しました。(※詳しい操作方法については、ネットで調べてください)

「フォト」で出来ること

■音楽入りビデオの作成

  1. タイトルの追加
  2. BGMの挿入
  3. 動画のトリミング
    開始点と終点を指定して、残したい範囲を取り出します。
    真ん中部分だけを消したい場合は、タイムラインに同じ動画を二つ並べて置いといて、一方で左側の範囲、もう一方で右側の範囲をトリミングする。
  4. テキストやフィルタやモーションを追加できる。また、3D効果の追加が可能です。

編集が終わったら、「ビデオの完了」をクリックし、サイズの大中小を選択すると、自動でピクチャーフォルダにMP4形式で保存されます。
あまりにも簡単なので、これを使わない手はない。

■写真の閲覧と編集

  1. ピクチャーのフォルダをいちいち開けなくても、日付順に閲覧できる。
    このコレクションにピクチャー以外のフォルダを指定することもできる。
  2. 画像右上□にチェックを入れると、「共有」「印刷」「コピー」「削除」が行える。
  3. 画像をクリック(チェックしないで)すると、「編集と作成」「共有」「印刷」が行える。
    「編集と作成」では、「トリミングやフィルター」、「描画」、「3D効果の追加」、「アニメーションテキストの追加」、「音楽入りビデオの作成」などが行える。

注意点は、編集した後、必ず「コピーの保存」で保存すること。
単なる「保存」では元画像が上書きされてしまいます。

ただ、ピクセル単位での写真のサイズ変更はできない。できない場合でも、下記の「ペイント3D」を利用するとできることがあります。

フォトアプリ画面

ペイント3D

「ペイント3D」で出来ること

  1. 写真のサイズ変更やトリミング
    まず、「キャンパス」メニューを選択し、ドラッグ操作で適当にサイズを縮小します。

    次に、トリミングしたい場合は、「トリミング」メニューを選択し、希望する縦横サイズを指定し、「縦横比を固定する」のチェックを外しておくと、そのサイズの四角形の切り抜き枠が表示されます。枠を動かして、思い通りに収まったところで切り抜く。
    元の画像は大きいので、上手くサイズ調整してからトリミングして下さい。
    ホームページの作成とかFaceBook投稿用とかで、適切とされる縦横サイズの画像を作りたい時にとても役立ちます。
  2. 写真の中の一部分(人物とか物)だけを取り出すことができる
    「マジック選択」を利用すると、写真の一部だけを取り出すことができます。消した後の画像は、違和感がないように自動的に調整される。
    取り出した画像を別の画像に貼り付けると合成写真が作成できる。
  3. 3Dモデルの作成
    これが本命かもしれないが、その他の機能が結構役に立つ。

Windows 10 May 2019 Update 配信開始~手動アップグレードは要注意!

5月21日から逐次配信されるようになりました。
 <窓の杜ニュース> 「Windows 10 May 2019 Update」が一般公開 ~順次展開へ
別に何もしなくても、WindowsUpdateによって順次に自動配信されますので、じっくり待ってから行うのが一番安全な方法です。

【警告】
5月23日、Windows10 Ver1903のインストールメディア(USBメモリ)を作成して手動でアップグレードしてみましたが、失敗した。
「×このPCはWindows10にアップグレードできません。」と表示されます。
USBメモリを挿した状態では、インストールできないようです。
インストール時にドライブレターが再設定される為に起きるようで、現在Ver1803や1809を適用している方に対してのみ起きるようです。

【対応策】
USBメモリを外すと、インストールに成功しました。
手動でアップグレードする場合(更新アシスタントを使う場合もセットアップメディアを作成して行う場合も)、USBメモリだけでなく、外部記憶装置をすべて外してから、インストールした方がよい。

セットアップメディア(USBメモリ)を作成し、それを使ってアップグレードを試みたが、途中で下記のような画面が出て、インストールできなかった。
そこで、作成したインストールメディア(USBメモリ)内の中身を全部デスクトップのフォルダ(適当な名前で作成)にコピーして、そこからsetup.exeをダブルクリックしてインストールできるか試してみた。USBメモリを外して。
そうすると、すんなりインストールに成功いたしました。
今のところ、7台のPCを手動でアップグレードしましたが、7台とも成功しました。
ただ、そのうちの1台、DELLタブレットは、インストールはできたが、タッチパネルが効かなくなったのと、画面が回転しなくなったため、前バージョンに戻しました。タブレットは毎回トラブル。
外部記憶装置を全部取り外して行えば、アップグレードはできそうです。ただ、アップグレードした後の不具合も結構あるようなので、急ぐ必要がなければ、自動アップデートまで待つべきです。

USBメモリは外さないといけないとは聞いていたが、インストールメディア(USBメモリ)は大丈夫だと勝手に思っていたんです。

初心者の最初の壁

Word/Excel初心者が最初につまづくもの

「ファイル」と「フォルダ」の違いをよく理解していない

「名前を付けて保存」と「上書き保存」の違いを理解していない

エクスプローラ
エクスプローラ

これらの事柄は、Word/ExcelというよりもWindowsの基本・仕組みなので、しっかり理解しておく必要がある。
ファイルとかフォルダとかエクスプローラという名前は、初心者には初めて聞く言葉であったりします。また、名前は知っていても、よく理解していない。
こちらでは当たり前に使っている言葉が、初めての人にとっては何とも難しいものに感じられるのです。
(エクスプローラのツリー構造は初心者じゃなくても難しい。Windows10では、クイックアクセス、ライブラリ、OneDriveなどが上に表示されるので、余計に混乱する。)
ドキュメント、ピクチャー、ビデオ、デスクトップなどのフォルダを知っていないと、どこに保存したか分からないままとなる。

また、年賀状の住所録を「住所録.xlsx」でドキュメントに保存した後、新たに友達の住所録を作成した時に、また同じ「住所録.xlsx」で保存されることがある。この時、「住所録.xlsxは既に存在します。上書きしますか?」と聞かれると、素直にOKボタンをクリックしてしまうので、年賀状の「住所録」が上書きされて消えてしまうことがある。
一つのフォルダに同じ名前のファイルは厳禁(拡張子が異なっていれば構わないが)。名前についても具体的な名前を付けないといけない。

書類はドキュメント、写真はピクチャーという風に最初は丸暗記してもらっています。慣れるまでは単純化する。応用は後。
最初からあまり詳しいことを説明したら、それだけで難しいと感じてしまいます。難しいと感じると、意欲が削がれてくる。これが一番いけない。

基本的にデスクトップに保存は勧めない。デスクトップはショートカットだけにするのが基本。基本ですがその基本を守っていない熟練者は意外と多い。
熟練者や企業には、もっとショートカットを活用するよう指導しています。

PayPayの導入申請をしました

令和元年5月6日に申請

PayPay(スマホ決済)について詳しく知っているわけではないんですが、超零細な当教室としても一応キャッスレスに対応しとかなあかんかなと思って、申請をした。
審査があるので、どうなるのか分かりませんが、結果が出ましたら、このページの下側に追加してご報告したいと思います。
このホームページも審査されるようなんであまり変なこと書けないんですが・・・。
それと、今日、自分のスマホにPayPayのアプリをインストールして、購入する側の操作についても知っておかないといけないと思い勉強しています。

申請理由

何とかペイというのが色々あって訳わからない。考えるのも面倒という感じ。
当教室以外に、モルモットパソコンYahoo!ショップ店(ネットショップ)を開いている関係で、Yahoo!カード(クレジットカードとTポイントカードが一体)を以前に作っていました。
それで、同じ系列のPayPayに申し込んでみた。一応ショップの実績もあることだし。
いつ消えて亡くなるか分からないような細々としたパソコン教室なので、キャッシュレスも糞もないんですが、一応ちょっとぐらいは先に進んでおかないとお客様に説明がつかない。
それはまずいと思った。興味はないが、致し方ない。

 参考:新しいモバイル決済PayPayに個人事業主として登録|審査期間と評判を徹底比較!

PayPayで知っていること

分かったことを少しづつ書いていきます。万一来られた時に対応できないと困るんで。
今、分かったことと言うと、PayPayの全貌を知るのは、結構、知識がいるなということ。ポイント還元率も知っておかないといけない。

顧客側の支払い方法には3種類ある

店舗側としては、スマホで当教室のQRコードを顧客に読み取ってもらい、支払金額を入力していただく方法(スキャン支払い)を採用したいと思っています。

 参考ビデオ:PayPay(ペイペイ)で決済する方法!店舗での支払い方を解説!

  1. PayPay残高から支払う(通常はこの方法、チャージしてから使う
    チャージ方法には、銀行口座からとYahoo!Japanカードからできる。
    (※Yahoo!カード以外のクレジットカードでは、チャージできない)
    事前にYahoo!ウォレットに銀行口座などを登録しておく必要がある。
  2. Yahoo!マネーから支払う
    Yahoo!マネーと他の支払方法は併用できない。チャージ不要です。
  3. クレジットカードから支払う(実質、普通のクレジット払いと同じ)
    これは、お客様が事前にPayPayに登録したクレジットカードから支払われる。支払金額がPayPay残高では足りない場合、または、残高がなくても、支払金額全額をクレジットで落とすことができる。差額分をクレジットで落とすわけではない。チャージ不要です。
    PayPayに登録できるクレジットカードは、現在、VISA、MasterCard、JCB(Yahoo!カードのみ)です。

結果報告

落っこちました。涙・・・。
令和元年5月7日。「審査結果のご連絡」のメールが来た。否決。はやーい!
理由は開示されないとのこと。開示されないが故に、余計に何故なんだ?と思ってしまいます。
審査で落とされるというのは、どうも嫌な感じ。学校の入学試験に落ちるのとはだいぶ違う。ダメ元と言いながら、少しは期待していたかな。
個人零細は無理なのかなあ・・・・・。
何が問題なのか気になるので、PayPayに電話で理由を聞こうとしたが、やはり核心については教えてもらえなかった。
相手との会話の感触では、カルチャー的なものとか不動産は審査が厳しい模様。
ホームページを見て判断されているに違いないので、少しページ内容を変更して、再申請してみようと思っています。再申請は何度でもできるみたい。

おそらく、パソコン修理の料金体系の問題かなと勝手に想像しています。
「〇〇の修理:5,000円~10,000円」といったアバウトな料金設定が多いので。
もしそうであれば、再申請しても、またダメかも。

Excelの日付、「令和」表示できました

今日(5月4日)Windows Updateを「手動」で行ったら、令和表示になりました。
Windows10 Ver1809の話です。これでサポート対象OSはすべて表示されるようになった。
Excelでも、下記の画像の通り確認できましたので報告いたします。
つい先日、「Excelの日付、令和表示されない!?」という記事を書いたばかりなので、申し訳なく思っています。
 特に急ぐ必要がなければ、Windows Updateの自動配信を待てばいいだけですが、「手動」でWindows Updateを行うと、すぐにできるようになります。

  参考: WindowsUpdateの利用手順-Windows10

Excel画面で確認済み

Windows Updateの令和対応パッチ

自信はないが、KB4495667、KB4486553、KB4493509のどれかが該当パッチではないかなと勝手に想像しています。
ただ、PCの構成によって、適応されるパッチも異なるかもしれないので断言できない。間違っていたら、ゴメン。

Excelのアイコンって変わりましたか?

何かExcelのアイコンが変わったような気がすした。単に思い過ごしかな?

Excelの日付、「令和」表示されない!?

今のところ、Windows10 Ver1809は、まだなようです。Ver1803は対応しているという情報もあります。Windows7SP1は既に対応しています。
実際に確認していないが、Windows8.1も既に対応しているようです。
Windowsの令和表示は、Windows Updateの更新プログラムとして配信されることになっている。
なので、Windows10 Ver1809についても、そのうちに配信されるでしょう。

【確認方法】(下記のExcel画像参照)

1.最初に、空白セルに今日の日付を入力。5/3と打てば、「5月3日」と表示されます。
2.そのセルを右クリックして、「セルの書式設定」を選択
3.表示形式の「日付」を選択。右下にある「グレゴリ暦」を「和暦」に変更。
4.そこで、種類欄の「平成〇年〇月〇日」をクリックして、サンプル欄に令和の日付が表示されたら対応済みです。

【Windows10 Ver1809の場合】
 下記の画像の通り、5月3日現在、まだ対応していなかった。Windows Update待ちですね。

   参考: WindowsUpdateの利用手順-Windows10

【Windows7 SP1の場合】
令和表示になっています。左の画像、サンプル欄で分かります。
確認する場合、必ず、WindowsUpdateを手動で更新してからお試しください。
そして、必ず、「オプション」も更新してください。このオプションの「KB〇〇」に令和変更のパッチが入っているからです。

   参考:Windows Updateの利用手順ーWindows7

ハードディスクの容量

Windows XPの時代には、70GBの容量でも大きいと感じていた。
実際、その当時、70GBを使い切らず、かなり空いていました。

容量が大きくなると、どうしても入れ方が雑になってくる。何でもかんでもぶち込んでしまう。写真や動画など。
容量が少ないと、色々考えて整理整頓して使うので、すっきりしている。
容量が大きいと、どうも考える力を失わせる。
大容量って本当に必要なのだろうか?

大きいと大きいなりに使うようになり、小さいと小さいなりに工夫する。

今でも、Windows XPを操作すると、軽快に動きます。現在のWindowsとしての基本形はここにあると思います。(それ以前のWindows95/98は動きが鈍く、MS-DOSを引き摺っていた)
後は、時代のニーズに合わせて変わっていきましたが。
今でも、人によっては、パソコンとしては、Windows XPで十分だと思っている人もおられるのではないかと思います。後はスマホがあるからと。
何でもパソコンという時代から、パソコンとスマホをうまく使い分ける時代になってきた。

軽快さという面では、パソコンはスマホにかなわない。
私はパソコン派なので、スマホを持っていても、殆ど使わない。ガラケーで事足りている。
スマホはSIMフリーで、月450円の通信料気を払っています。
一番よく使うのがゆうパックのスマホ割。あとは旅行に行ったときに写真を撮るぐらいです。普段持ち歩きません。

パソコン派ですが、スマホのような軽快さも求めます。

なので、HDDでなくSSDを使います。容量も250GBあれば十分。

左はHDD:右はSSD

そして、デスクトップパソコンが気に入っています。何と言っても、中身を入れ替えたりしてカスタマイズできるのがいい。
デスクトップパソコンでは、2台のハードディスクが入るものを選びます。
一台にはSSDを入れてシステムをすばやく起動させ、もう一台は、バックアップ用のHDDを増設しています。起動も速く、ストレスがない。
同じCorei7でも、ノートパソコンの場合、デスクトップのように速くはない。タブレットのほうがましです。
デスクトップは大画面で、仕事がはかどります。
その人の置かれた状況によって、デスクを使うかノートを使うかはおのずと異なってくる。わたしの場合、デスクであるというだけのこと。
外に出ると、パソコンもスマホも一切見ない。見たいと思わない。

古い人間のつぶやきでした。気にしないでください。

OneDriveのファイルオンデマンド機能

OneDriveを使用していても意外と気づいていないことがあります。
別に知らなくてもいいが、知っているとちょっと役に立つことがあるというお話。
これが、「ファイルのオンデマンド機能」です。

ファイル オンデマンドとは、基本的にファイルをクラウド上に保管するようにし、必要に応じてPC上にダウンロードする機能です。そうすることで、PCの容量を節約できます。
この機能は、Windows10 Fall Creators Update(ver1709)以降のOneDriveで使える。
それ以前は、PCとクラウドに全く同じファイルが両方に保管されていました。
※PCの容量を気にしない人は、この機能をOFFにして、常にPC上で保管できます。

ファイルオンデマンド機能を利用しているか確認する方法

今現在、OneDriveで「ファイルのオンデマンド機能」を利用しているのかどうかを確かめるには、下記の設定画面やファイルの状態アイコンを見ると分かります。
Windows10を使用しているなら、大半の方が気づかずに利用していると思います。
■設定タブのファイルオンデマンド項目に下図の如くチェックが入っていれば、現在利用中。
■ファイル名の左に雲アイコンなど三種類のどれかが表示されていれば、現在利用中。

ファイルの状態を示す三つのアイコンの説明

PCの容量を占有しません。「エクスプローラー」にはオンラインのみのファイルごとにクラウド(雲)アイコンが表示されますが、ファイルを開くまでPCにはダウンロードされません。
PCがインターネットに接続されていない場合は、オンラインのみのファイルを開くことはできません 。
PCのエクスプローラ画面を見ると、ファイル名やサムネイル画像が表示されますが、本体は、あくまでクラウドにあります。ここ誤解している人多いです。

オンラインのみのファイルを開くと、PCにダウンロードされ、ローカルで利用可能なファイルになります。「エクスプローラー」には緑のチェックマークがある白の円のアイコンが表示されます。
インターネットにアクセスしなくても、ローカルで利用可能なファイルをいつでも開くことができます。
PCの容量を減らしたい場合は、ファイルをオンラインに戻すことができます。 

白いチェックマークがある緑の円のアイコンが表示されます。
ファイルを常にPC上に保管すると自分で指定したものです。(下記画像参照)
PCの容量を占有しますが、オフラインの場合でもすぐにファイルを見たり、編集したりできるのがよい点です。

雲アイコンに変更して、PCの容量を減らしたい場合(クラウド上のみ)

OneDrive名や特定のフォルダやファイル名を右クリックして、「空き領域を増やす」をクリックすると、雲アイコンに変わります。
その指定したフォルダやファイルについては、クラウド上だけに保存されることになります。
是非一度試してみてください。試してみて初めて理解できる。

また、その上の「このデバイス上で常に保持する」をクリックすると、緑の丸にチェックが入ったアイコンに変わり、常にPC上にも保存されることになります。

モルモットパソコンの口コミが投稿

めったにない有難い口コミ?を投稿いただいたので、喜びのあまり報告致します。
口コミしていただいた方、本当にありがとうございました。
■下の画像をクリックして、直接、そのページを見てね。

口コミ検索ネットより

ブログ管理人から一言(先頭に表示中)

京都府亀岡市の自宅でパソコン教室を開いて16年になります。

平成14年に28年間勤めた某銀行を希望退職し、2003年(平成15年)にこの亀岡の地に引越ししてきました。パソコンの知識など、あまりないのに、いきなりパソコン教室と修理を始めました。まあ、何とかなるだろうと思って。
住まいは閑静な住宅地にあり、とても商売に適した場所ではないので、少し不安がありましたが、やはりその不安は的中した。暇そのものです。サラリーマン時代とは雲泥の差です。
これは何とかせねばと思い、新聞に折り込み広告を出したものの、広告費の回収もおぼつかない。広告を出すとポツポツとお客様が来られるのですが、少したつとまた暇になる。それで、広告も出すのをやめました。
このホームページだけが頼りなんです。
時折、パソコンの修理もありますが、格安料金なので、たいした収入にもならない。お客さんのほうから「それではやっていけないなー」と同情されることもあります。
やっていけないので今も食いつぶしです。涙・涙・・・・。
以前のお客様から、時折、電話がある。「モルモットパソコンさんって、まだ、やってらっしゃるんですか?」と。
簡単には潰れません。年金生活者ですから。ほぼ70歳です。
つい最近、電話で「パソコンを習いたいんですが、教えてくださる先生は何歳ですか?」と聞かれました。
こちらが正直に年齢を答えると、相手は、「それなら結構です。電気屋さんから若い人に習った方がいいよと言われましたもので。」と。
ガックリです。しかし、相手も正直な方ですね。そこまではっきり言わなくてもいいと思うんですが。
世間の人は、大体そう思っているのでしょうね。きっと。

こんなブログ書いたら、かえって企業イメージにマイナスになるんじゃないかと危惧しつつ、書いております。おかしな人ですよね。