投稿記事-テーブルとブロックの枠線

この記事は、ホームページビルダーのユーザーで、かつ、WordPressを利用されている方を対象に書いています。

 ※ブロックエディタの詳しい説明は、下記のサイトが役に立ちます。
  【2021年版】WordPressブロックエディターの使い方総まとめ

投稿記事は、ブロックエディタを使用して、ブロック単位で作成します。
ホームページビルダーをお使いの方は、WordPressでブログを書く時、どんな種類のブロックタイプを使っておられますか。
難しい「HTMLタグ」を使わないで、用意されている「ブロックタイプ」を上手に活用することがまず第一です。

続きを読む

画像の右に余白を作って文字列を配置

ホームページの作成ー画像とその右の文字列の間に一文字分の隙間を作る

図形の右にテキストを配置する時、その間に隙間を一文字分付けたい時があります。「画像の左寄せ」だけだと、どうしても図形と文字がくっついてしまいます。
パソコン画面では文字列が一行で収まっているなら、最初の文字をスペースにすれば何とかなりますが、スマホで見た場合、下記画像のように二行になってしまうことがよくあります。そうすると、スマホ画面では二行目が図形とくっついてしまうので困ってしまうことがある。
下のスマホ画像のように、一行目も二行目も左に一文字分だけの空きを作成したい場合のやり方について書いてみました。

右余白を付ける
続きを読む

HpbのWordPressマニュアルを印刷

ここで書いている内容は、Hpbクラッシックを使用してWordPressを作成している方が対象です。
WordPressサイトを作成する場合、マニュアルは欠かせない。
ビルダーを使ったら、簡単にWordPressサイトを作成できると言っても、やはりマニュアルをしっかり読まなければ、思うようなものはできない。
マニュアルを印刷して、手元に置きながら作業しないと効率が悪い。
私なんかよく忘れてしまうので、マニュアルにマーカーを付けたり、付箋を付けたりして、お客様の質問に答えられるよう工夫はしています。
大体、皆、疑問に抱くところは、同じようなところなんです。

続きを読む

HpbのWordPressサイトのメニューにプルダウンメニューを設定する方法

プルダウンメニューとは

今見ていただいているWordPressサイトで、メニュー項目の「業務内容」の上にマウスを置くと、下記の画像のように、「パソコン教室」と「パソコンの修理」がその下に現れます。
これが、プルダウンメニューです。Hpb画面でこれを設定する方法を書いてみました。

プルダウンメニュー
続きを読む

Hpbの「WordPressの公開」の概要

  • ホームページビルダーでのWordPressサイトの公開は、実行する度に、すべてのファイルが転送されます。一字変えただけでも、全部転送されます。
    転送した後、hpbダッシュボードで「反映する」ボタンを押して初めて更新されることになっています。
    公開の度に、phpファイルに自動で変換して転送されます。
    そして、公開の度に、バックアップをサーバーに保管してくれます。
    なので、転送に時間がかかります。バックアップしないようにして転送すれば早いですが。
続きを読む

HpbでWordPressサイトをバックアップ

Hpb(ホームページビルダー)で、WordPressサイトをバックアップできるのか?

ビルダー上で作成したテーマや固定ページ、設定については可能

固定ページやテーマやWordPressの設定は、ビルダーのメニューから、「WordPress」→「エクスポート」を実行すれば、簡単にバックアップできます。バックアップファイルからの復元(インポート)を何度も行いましたが、いとも簡単に復元できます。
ビルダー上で作成したテーマや固定ページ、設定などは、ビルダー上でバックアップも復元もできる。当然と言えば当然です。これを使わない手はない。
※ビルダーを使って、時々、このエクスポートをしておいた方がいい。

続きを読む

ホームページのSSL化(http→https)

ホームページビルダーを利用して、WordPressサイトを作成している方が、
自分のホームページを、「http://~」から「https://~」に変更する場合の手順
(レンタルサーバーにロリポップを使っている場合を例にしています。)
続きを読む

アクセスカウンタの設置

ホームページビルダーのアクセスカウンタは、有効期限が過ぎると利用できない。

それでは不便なので、アクセスカウンタをプラグインをインストールして使ってみました。

使用したのは、Count per Day プラグインです。ZIPファイルをダウンロードしてアップロードしました。

詳細は下記のサイトを参考にしました。

【Count per Day】の使い方