聖書と「わたしはある」

ポット灯りがついて生まれる。ポット灯りが消えて死ぬ。
ロウソクの灯で見ていると、そうなる。ロウソクの灯は束の間の明かり。
ところが、よく見ると、その消える灯に消えないものがあった。
それが見えないのは、わたしの内に光がないためだった。

「わたし」が生まれたのは、「わたしはある」ということを証するため。
「わたしは肉である」ということを知るためではない。

「わたしは肉である」なら、死ぬ。
「わたしはある」は、究極の真理、永遠の命。
「わたし」が言葉、名でもって神を示すなら、「わたしはある」です。
子しか父を証するものはいない。子だけが「わたしはある」と言える。

「わたし」は、元々何も知らないところから始まった。天地創造以前です。
そして、「わたしはある」を知って完結する。
天地は、始まりがあり、終わりがある「言葉の世界」です。
始まりと終わりのある世界へ「わたし」が連れて行かれるのは、永遠の命を得るため。
神が言葉を語られるように、人にも「神と似た言葉」を与えられた。
言葉によって人は生きるものとなった。
「わたしはある」を知り、悟るなら、もはや始まりもなければ終わりもない。永遠。
最初からあった真理を、そうだと知るのは後になる。時を通して知る。

「知る」とは、知らないところから始まって、最後に知るから「知る」と言う。
始めがあり、終わりがある。
光と闇に分けられたのは、そのため。分けられなければ、「知る」ということも起きない。
神は「時間と空間」の塵を集めて器を造られる。そして、そこに命を入れられる。
人が「動き」を、時と広がりでもって感じることができるのは、このためです。
神は、わたしに「たとえ」を用いて語られる。
もし、広がりや動きがなければ、「どこから来てどこに行く」とかの概念すら生じない。
時空の概念を通るからこそ、時空を超えたものへと導かれる。似ているからです。

いきなり、神を知ることは難しい。
「わたし」を知らないで、神を知ることはできない。
「わたし」を通らないで、神の霊までたどり着くことはできない。
「わたし」を知っているなら、神をも知っています。
「わたしとは一体何か?」これを尋ねるところから始めないといけない。
「わたし」を本当に知ったなら、もはや尋ねない。
「神は霊としての主、わたしは言葉としての主」と言葉では分けますが、一つの神です。
名でもって分けられるからこそ、知ることが可能となる。

とは言うものの、「わたし」のことがよく分からない。
なので、イエスの言葉を聞いて、隠れた言葉を聞いて、秘儀に触れます。
イエスの「たとえ」を見て聞いて、「真理」に導かれる。「たとえ」に真理があるからです。
イエスの肉を見て、食べなければ、肉のままで留まる。神の業を見ないで終わる。死ぬ。
塵にすぎないものは死ぬ。器も中身も造られたのは神なのです。
イエスの肉を食べるなら、「たとえ」がそのまま「真理」へと移ります。
その「たとえ」は神が語られており、まさに神の業を見ている。
イエスの言われる「わたし」が、「本当のわたし」だと分かる。
わたしがわたしを知り得るのは、光によってです。
子となって初めて、父の内に入れる。この時に至って、神に属す。

「わたしはある」は信じるしかない。
人の能力でもって理解できるものではないからです。
「肉が霊と水である」ということなど、誰が信じるでしょうか。
信じることさえ難しい。肉から生まれたものは肉だからです。
肉は、死なないと生きません。この世の命を憎まずに永遠の命はない。

しかし、神には何でもできる。できないことはない。これを信じるかです。
信じる時、それが神の業となっている。人には絶対信じられないからです。
とは言え、神から少しは学んでいないと、少しも信じることはできない。
信じる気持ちが全くゼロで、信じることなどできない。
小さな種がいります。その後は、その種をどう育てるかによる。
種はすべての人にあるのですが、眠っているんです。

天地は、神の言葉の世界なので、神の業をあちこちに見つけることができます。
しかし、全くこれに触れることがなければ、「わたし」のところに来ようとしない。

全く何も知らないのであれば、罪はない。ただ、これは神の本意ではない。
神の御心は永遠の命だからです。
ところが、この世は、知らないのに知っていると語っている。だから罪がある。