OneDrive バックアップとリンク

Windows10は既定(デフォルト)で、OneDriveにファイルを保存する

特に指定しなければ、PCのデスクトップ、ドキュメント、画像フォルダは、OneDriveに自動保存(バックアップ)されるという仕組み。

【参考サイト】 
 ・Windows 10 は既定で OneDrive にファイルを保存する <Microsoftサポート>

 ・Windows 10で、ファイルの保存先をOneDriveに設定する方法 <LAVIE公式>

Windows10のセットアップ時に、最後の方で、下記の画面が表示されますが、この画面は注意が必要です。
何故なら、この時に何も指定しないで、「次へ」と進むと、既定の設定になるからです。

PCのデスクトップ、ドキュメント、画像フォルダをまるごとOneDriveに自動保存(バックアップ)したいという方は、それでいいんですが、自動保存は必要ないという方もおられる。
OneDriveは無料で5GBしか使えないので、画像だけで超えてしまう方もおられるでしょう。

上記画面の左下の「このPCにのみファイルを保存する」をクリックすれば、PCのデスクトップ、ドキュメント、画像フォルダがOneDriveにバックアップされるということは起きない。
ただ、「このPCにのみファイルを保存する」という文字はあまりにも小さく、その意味も分かりづらいので、クリックしないで進んでしまう方が多いんです。既定に導くために。
そうすると、「意図せずにOneDriveにバックアップされている」と驚く人が出てきたりする。

私の場合、基本、PCのドキュメント、ピクチャー、デスクトップに保存しています。ファイルのバックアップについては、別の方法で行っている。
特定の画像とか共有しておいた方が便利だと思うファイルだけを選別し、それらを手動でOneDriveに入れるという使い方です。
OneDriveは重宝しますが、丸ごと自動バックアップまでしたくないんです。

つまり、私の場合は「バックアップを停止」の設定にして、クラウド上のOneDriveとPC上のOneDriveは、「リンク(同期)」の設定にしている。

また、当教室には、私のマイクロソフトアカウントのPCが数台ありますが、生徒さん用のPCだけは、アカウントの「設定の同期」(デバイス間の同期)を「オフ」にしています。本来、生徒用のローカルアカウントでログインしていただくのが筋なんですが、最初から最後までマンツーマン指導なので心配がないからです。

OneDriveへのバックアップを停止したい

このような既定の設定になった場合でも、下記左画像の「バックアップを停止」をクリックすると、下記右画像のように、OneDriveにバックアップされない設定に変更できます。
ただ、この場合、「バックアップを停止」にした後、PCのOneDriveにある各ファイルをコピーして、PCのドキュメント、ピクチャー、デスクトップに貼り付けをして戻しておく必要があります。
その後、OneDriveにあるファイルが不要なら削除するということになります。

バックアップを停止しても、オンライン上のOneDriveとPC上のOneDriveのリンク(同期)まで解除されるわけではありません。
「バックアップを停止」と「このPCのリンク解除」は全く別なので注意してください。
これに加えて、複数のデバイス間で同期の設定を行うと、更にややこしくなってきます。
同期は便利ですが、トラブルも多い。よく理解せずに使うと恐い。私の経験からして。

万一、ファイルが消えてしまった場合でも、オンライン上のOneDriveのごみ箱に30日間は残っていますので、ダウンロードできます。
ただ、ファイルがないと気づきた時には、もう何か月も過ぎていて困ったことがあった。以来、ファイルのバックアップは別の方法ですることにした。

[Windows 10] OneDriveで「デスクトップ」「ドキュメント」「ピクチャ」の同期を変更する方法を教えてください。(Fujitsu)

OneDriveの「設定」画面で、バックアップの設定状況を確認する

タスクバーのOneDriveアイコンを右クリックして「設定」をクリック。次にバックアップタブにある「バックアップの管理」をクリックすると、下記の画面が見られます。

  ■バックアップ設定している場合       ■バックアップ設定していない場合

PC上のファイルとオンライン上のファイルを同期したくない

 ・Windows 10のOneDriveでMicrosoftアカウントのリンクを解除する方法(LAVIE公式)

この場合には、下記の画面で「このPCのリンク解除」をクリックして行います。
リンク解除すると、クラウド上のOneDriveとPC上のOneDriveが切り離されます。
以降、クラウドとPCの間の同期は行われなくなります。
ただ、クラウド上のファイルは、クラウド上にそのまま残っています。手動でアップもダウンもできます。

OneDrive設定画面

※リンクを解除する場合には、解除前に、OneDrive上のファイルを別の場所にコピーしておくことをお勧めします。

PC上のOneDriveにあるファイルの本体は、オンライン上にあることが多い

これは、標準で「ファイルオンデマンド」機能が「有効」になっているからです。下記画像参照。

この場合、PC上のOneDriveに見えているファイルは単に情報だけで本体ではない。
ただ、個別のファイルを右クリックして、「このデバイス上で常に保持する」をクリックすれば、PC上にも常時置いておくことができます。下記の関連ブログ参照。

OneDriveを利用する場合、ファイル本体がオンライン上だけにあるのか(雲アイコン)、PC上にもあるのか(緑色の丸アイコン)、同期が完了していないのか(矢印アイコン)、同期の状態を示すアイコンに関心を持っていると、トラブル対処時の参考になります。

この機能は、PCのディスク容量を節約するためのものなので、別に容量の節約なんて必要ないという方は、この機能を「無効」にしたって構いません。
無料で節約できるOneDriveの容量は5GBまで。これが大きいか小さいかは人によります。
私なんか、Microsoft365を使っているので、1TB使えるんですが、今のところ1GB程度しか使っていない。もったいないもんです。

  関連ブログ:OneDriveのファイルオンデマンド機能

【その他】
OneDrive をオフにするか、無効にするか、アンインストールする方法<Microsoftサポート>