「メモ帳」は「縁の下の力持ち」

メモ帳の作成方法
メモ帳のすすめ

随分昔からあるWindowsの「メモ帳」は、「縁の下の力持ち」。
何らかの文字を打って誰かに伝えたいとか、何かを記録しておきたいとか思う時、すぐに使えるのがテキストファイルの作成。

このブログ記事なんかもそうですが、まず、メモ帳で書いてから、コピー貼り付けしてブログ記事にしています。
私の場合、ブログごとにメモ帳を新規作成するのが面倒なので、「ブログ作成用」という名前で1ファイルを作成しておいて、その1枚にあらゆるブログ記事を書き足している。
つまり、1枚の「ブログ作成用」ファイルをダブルクリックして開いて、前の記事の最後の行の後に新しい記事を書いている。
テキストファイルの中で最もシンプルですぐ使えて軽いと言えば、拡張子が.txtのメモ帳ファイルです。
文字しかないので、様々なソフトで利用可能。

何と言っても、思いついたらさっと文字入力できる、その素早さが魅力。格好なんかは後でどうにでもなりますから。
直接Wordやブログ記事に書いても構いませんが、さっと書けるところがいいんです。

メモ帳を馬鹿にしてはいけませんよ。本当に便利なんだから。