涙の奮戦記

サイト管理人のブログです。
暇に任せて書いております。なので、暇があったら読んでください。
おもしろくもおかしくもありませんが。
  

ブログ一覧

ホームページのSSL化(http→https)

ホームページビルダーを利用して、WordPressサイトを作成している方が、
自分のホームページを、「http://~」から「https://~」に変更する場合の手順
(レンタルサーバーにロリポップを使っている場合を例にしています。)
  1. ロリポップ側の設定
    ロリポップの「ユーザー専用ページ」を開いて、
    ・左メニューの「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」→無料独自SSLを設定します。
    ここに「SSL保護有効」と表示されていれば、そのままでOKです。
  2. WordPress側の設定変更
    ダッシュボードの「設定」→「一般」の項目で
    ・WordPressアドレス→https://~に変更し、
    ・サイトアドレス→https://~に変更します。
  3. ホームページビルダー側の設定変更
    WordPress設定の変更
    ・サイトのURLをhttps://~に変更。
    ・ダッシュボードURLをhttps://~に変更。
  4. せっかくSSL化したのに、自分のホームページを表示してみると、安全でないサイトと表示され、困ってしまうことがあります。
    URL欄の先頭に〇印の中にiが入ったマークが表示されているので分かります。
    このマークをクリックすると、安全でないとか、保護されていないサイトとか表示されている。この場合、サイト内にあるリンク(特に画像関係のリンク)で、httpから始まるURLをhttpsに変更すると直ることがあります。
    とは言うものの、どれが該当部分なのか、なかなか見つけにくい。
    手っ取り早いのは、Google Clomeのブラウザを開いて自分のサイトをチェックしてみることです。
    下記のサイトを参考にして、エラー部分を探して、該当部分すべてについて、httpsに変更するとか、リンク自体を削除してしまうとかすれば、直ります。【参考サイト】
    Webサイトの常時SSL化に失敗しないエラーチェックと対応方法

 

HpbでWordPressサイトの公開に失敗

★この記事は、ロリポップのレンタルサーバを利用している際に起きたトラブルです。他のサーバーで、同じことが起きるかどうかは、分かりません。

下記のように、ホームページビルダーでWordPressサイトの公開を実行したら、

公開ダイアログ

サイトの公開画面

下記のようなメッセージが表示されて、公開に失敗することがあります。

ダッシュボードは開くことができるのに、公開できないという場合、
サーバーのFTPアクセス制限に引っかかっている可能性があります。
ホームページビルダーとは関係がありません。

原因は、プロバイダから割り当てられるグローバルIPアドレスが、時々変わるからです。
何度も公開している方は、こういう事態に慣れていますが、慣れていないとびっくりします。
面倒ですが、新しいIPアドレスに登録し直す必要があるのです。

例えば、レンタルサーバーがロリポップの場合、
下記のように、FTPアクセス制限に登録されている以前のIPアドレスを現在のIPアドレスに置き換えてやる必要があります。

【注意】
ログイン「ユーザー名」や「パスワード」は正しいのに、ダッシュボードを開くことができないという場合は、上記の件とは別です。
ロリポップを利用していて、よくあるのは、上記の.ftpaccessではなく、.htaccessの方です。この二つは、トラブルの定番です。
これも、IPアドレスが勝手に変わることが原因ですが、.htaccessによるログインページ(wp-login.php)へのアクセス制限が実施されているためです。
この場合、IPアドレスで登録せず、Allow from HOST NAMEの形式で、接続元ホスト名で登録すれば、IPアドレスが変わっても大丈夫です。
詳しい内容は、下記のサイトをご覧ください。

WordPressログインページの.htaccess編集

固定ページにギャラリーを作る

ホームページビルダーで、特定の固定ページにギャラリーを設けたい時があります。
ビルダーのツールにある「ギャラリー」や「サムネイル」は、WordPressでは使用できません。

それでは、どうしたらよいのか?

要するに、投稿タイプを自分で作って、投稿として、WpordPressの「ギャラリー」機能を利用すればいいのです。

以下その方法

ホームページビルダー上で、メニューから、「WordPress」→「ページ構成」をクリックします。ギャラリーを作成したい固定ページを選択して、「変更」をクリックする。
ページの変更画面で「追加」をクリックします。すると、「投稿記事一覧の追加画面」が出ます。
この画面の右上にある「管理」をクリックします。「投稿タイプの管理」画面が出てきます。
ここで、「追加」をクリックします。すると、識別子とラベルを入れる画面がでてきます。
例えば、識別子に「gallarey」,ラベルに「ギャラリー」と入れます。自分に分かりやすい名前を入れることが大事です。

それと、投稿タイプを新たに作った場合には、必ず表示する最大投稿数を選択しておいてください。ビルダー初期設定では、1ページに1件の投稿しか表示されませんので、注意してください。
これで、「ギャラリー」という投稿タイプが作成できました。
特定の固定ページにこの「ギャラリー」という投稿タイプの記事を追加すれば、OKです。
ビルダーには、元々、投稿タイプに「ブログ」や「ニュース」、「F&Q」などが用意されていますが、ピッタリするものがなければ、自分で作った方が分かりやすくて間違いも少ない。

次に、WordPressの「ライブラリ」に画像をアップロードします。その画像を使ってギャラリーの作成をするためです。すでにアップロードされている画像を使用する場合には、アップロードは不要です。
アップロードする画像サイズは、事前に、中画像《640×480》程度にしておく。今回、サムネイル画像をクリックすると、640×480の画像サイズで拡大されるようにしたかったから、そうしただけで、サイズは自由です。
アップロードが完了すると、次に投稿を行います。投稿は、hpbダッシュボードの「新しく投稿する」で「ギャラリー」を選ぶと、投稿できます。
投稿にタイトルを付けた後、ギャラリーを作成します。ライブラリから画像を複数クリックして選びます。
サムネイルを指定する欄があるので、そこにチェックを入れます。
列は3列にします。これは、自由で指定しなくても構いませんが、3列にすると、丁度収まりがいいので、そうしました。

※このホームページのメニュー「お知らせ」の下のほうに、「ギャラリー」を実際に作ってみました。参考にしてください。
この中の画像をクリックすると、同じ画面上で拡大しますが、これは、プラグイン「Sinple Lightbox」をインストールして、有効にしているからです。Sinple Lightboxについては、少し前のブログにインストール方法を書いておりますので、それをご覧ください。

GALLAREY  toukou

アクセスカウンタの設置

ホームページビルダーのアクセスカウンタは、有効期限が過ぎると利用できない。

それでは不便なので、アクセスカウンタをプラグインをインストールして使ってみました。

使用したのは、Count per Day プラグインです。ZIPファイルをダウンロードしてアップロードしました。

詳細は下記のサイトを参考にしました。

【Count per Day】の使い方

Simple Lightbox プラグインを利用して画像拡大

写真をクリックすると拡大できるように、WordPressのプラグインを利用することにしました。

実際にやってみると以外に簡単だったので、ここに記録しておきました。

  1. プラグインの新規追加で、「Simple Lightbox」を検索して、「今すぐインストール」をしてみた。
  2. Sinple Lightboxの設定は、初期設定のままとし、何も触らなかった。

ここで「メディアを追加」から、一つの画像だけをアップロードしてみた。
それが下記の画像。

どうかな?お!ちゃんと拡大できてる。意外と簡単!

それなら、ギャラリー機能を使って、複数の画像ではどうなのかなと思い、メディアファイルから適当に画像サイズの異なる4つの画像を抽出して試してみた。
カラム3にしたら、一部の画像が崩れてしまった。
サムネイル画像のサイズを適当に変更しないと、画面の幅に3つの画像が並ばない。それで、サムネイル画像のサイズ設定を変更してみた。

  1. ダッシュボードの下、「設定」→「メディア」をクリックして、メディア設定で、サムネイル画像の大きさを180×180にした。
  2. 「自動でトリミングする」のチェックを外してみました。

それで、メディアの追加から、ギャラリー作成をおこなってみると、うまく並んだ。クリックすると、ちゃんと拡大しました。
★下記画像が正方形なのは、以前のサムネイル画像を利用しているためです。新たにアップロードした画像からは、縦横比は保持されます。