涙の奮戦記

サイト管理人のブログです。
暇に任せて書いております。なので、暇があったら読んでください。
おもしろくもおかしくもありませんが。
  

ブログ一覧

このブログ書いている管理人から一言

京都府亀岡市の自宅でパソコン教室を開いて16年になります。

平成14年に28年間勤めた某銀行を希望退職し、2003年(平成15年)にこの亀岡の地に引越ししてきました。パソコンの知識など、あまりないのに、いきなりパソコン教室と修理を始めました。まあ、何とかなるだろうと思って。
住まいは閑静な住宅地にあり、とても商売に適した場所ではないので、少し不安がありましたが、やはりその不安は的中した。暇そのものです。サラリーマン時代とは雲泥の差です。
これは何とかせねばと思い、新聞に折り込み広告を出したものの、広告費の回収もおぼつかない。広告を出すとポツポツとお客様が来られるのですが、少したつとまた暇になる。それで、広告も出すのをやめました。
このホームページだけが頼りなんです。
時折、パソコンの修理もありますが、格安料金なので、たいした収入にもならない。お客さんのほうから「それではやっていけないなー」と同情されることもあります。
やっていけないので今も食いつぶしです。涙・涙・・・・。
以前のお客様から、時折、電話がある。「モルモットパソコンさんって、まだ、やってらっしゃるんですか?」と。
簡単には潰れません。年金生活者ですから。ほぼ70歳です。
つい最近、電話で「パソコンを習いたいんですが、教えてくださる先生は何歳ですか?」と聞かれました。
こちらが正直に年齢を答えると、相手は、「それなら結構です。電気屋さんから若い人に習った方がいいよと言われましたもので。」と。
ガックリです。しかし、相手も正直な方ですね。そこまではっきり言わなくてもいいと思うんですが。
世間の人は、大体そう思っているのでしょうね。きっと。

こんなこと書いたら、かえってマイナスになるんじゃないかと危惧しつつ、書いております。変な人ですよね。

2019年3月6日 | カテゴリー : パソコン教室 | 投稿者 : モルモットパソコン

明日は畑仕事

明日は仕事がないので、畑仕事をしようと思っています。
綾部に畑があるの、毎週、そこへ行って草引きや野菜を作っています。
明日は、去年台風などで木が折れたりしたのを片付けして、それを焼こうかなと思っています。
これから春がくると草もどんどん大きくなってくるので、草刈りが大変です。
京都縦貫道の料金払って、畑仕事に行っても、元はとれない。
ただ、心が落ち着く。行くと仕事があって、一日があっという間に終わる。
余計なこと一切考えず、その空気の中にいるだけで落ち着く。
子供のころから、そこで育ったので、新和感がある。自然と体も動くので、日頃の運動不足を少しだけ解消できます。
折れた木がそこらあたりに散らばっている。早く片付けないといけない。

モルモットパソコンは餓死したか?

上記お問い合わせを、どなたからかグーグルビジネスの投稿欄でいただきました。

いやいや、生きております。これだけは報告しておきます。
食べるものは食べています。贅沢はしていませんが。 それだけで十分です。
パソコン教室を開いて、16年にもなる。早いものです。

客こそ少ないが、それなりに信頼されています。それだけですね。 困った人がいたら、すぐ助けに行きます。
敏捷性だけが売り物かな。 大した知識もなければ、技術もない。 だけど、大体が、解決してしまうんです。不思議ですよね。
ブログの更新を期待されている方には、本当に申し訳ないと思っています。
更新していないと、餓死していると思われるんだということがよく分かりました。
正直言って、このブログのこと忘れてました。ご指摘有難く思っています。
昔のように、頻繁に更新しようとする気持ちが薄れてきているように思う。
それでも、ホームページを見て、時折、電話があります。 本当にありがたいことです。 何もない日の方が多いですが。
宣伝しようとする積極的な気持ち自体が薄れてしまった。商売の魂が欠けている。 このままではいけないとは、思っているのですが。

Hpbの「WordPressの公開」の概要

  1. ホームページビルダーでのWordPressサイトの公開は、実行する度に、すべてのファイルが転送されます。一字変えただけでも、全部転送されます。
    転送した後、hpbダッシュボードで「反映する」ボタンを押して初めて更新されることになっています。
    公開の度に、phpファイルに自動で変換して転送されます。
    そして、公開の度に、バックアップをサーバーに保管してくれます。
    なので、転送に時間がかかります。バックアップしないようにして転送すれば早いですが。
  2. 固定ページに「お問い合わせフォーム」が付いているので、楽です。フォームの変更もビルダー画面で行えます。(ただし、メールアドレスの指定やメーセージはダッシュボード上から行います。)
  3. 「hpbダッシュボード」というプラグインがあり、ビルダーユーザーは、このhpbダッシュボードを使用して投稿やニュースやギャラリーを作成できるようになっています。
    「問い合わせフォーム」のメール設定については、hpbダッシュボードで行います。
    つまり、固定ページの編集以外は、原則、hpbダッシュボードから行うようになっている。
    hpbダッシュボードの「基本設定」にあるオプションを利用すると、WordPressのダッシュボードの機能すべてを利用できますが、それを使ったカスタマイズはhpbのサポートの対象外となります。
    WordPressのダッシュボードを使って固定ページを編集したりすることは厳禁です。hpbで作成した固定ページと一致しなくなるからです。(そのことを分かっていて、あえて行うのは自由ですが。)
  4. プラグインは自由に使えます。ただ、固定ページに変更を加えるようなものはだめです。
    例えば、ビルダー付属の「お問い合わせフォーム」が用意されているのに、プラグインのContact Formを入れたりすること。
    Plugin同士がぶつからないように、気を付けないといけない。
    とは言うものの、投稿や画像に関する細かい設定は、本来のダッシュボードを使わないとできないことが多々あります。
    なので、私もオプションで本来のダッシュボードの機能すべてを使えるようにしています。

HpbでWordPressサイトをバックアップ

Hpb(ホームページビルダー)で、WordPressサイトをバックアップできるのか?

固定ページやテーマやWordPressの設定は、ビルダーのメニューから、「WordPress」→「エクスポート」を実行すれば、簡単にバックアップできます。バックアップファイルからの復元(インポート)を何度も行いましたが、いとも簡単に復元できます。
ビルダー上で作成したテーマや固定ページ、設定などは、ビルダー上でバックアップも復元もできる。当然と言えば当然です。これを使わない手はない。
※ビルダーを使って、時々、このエクスポートをしておいた方がいい。

これとは別に、公開時に「サイトのエクスポートファイルをサーバーにバックアップする」にチェックを入れていると、毎回公開するたびに、WordPressがインストールされているサーバーのフォルダーの中にある「wp/wp-content/themes」フォルダーの「hpb△△T○○*1」というフォルダーに、「backup.zip」という名前で転送される。zipファイルの中身は、phpに変換される前のものです。
ビルダーのファイル転送ツールを使うと、backup.zipを確認できる(下の画像)。このファイルを選択して、左下向き矢印をクリックすると、ダウンロードできます。

つまり、ビルダーメニュー(ダッシュボードのメニューではありません!)の「WordPress」→「インポート」で、このbackup.zipを指定すれば最新版で元通りになるはずです。
公開操作するたびにバックアップを取るので、非常に時間がかかるので、チェックを外している方もおられるかもしれません。先ほどのエクスポートと二重にはなりますが、より安心です。

  1. 上記のエクスポートをしても、ダッシュボード上から投稿した記事や写真まではバックアップされません。(※CSSはバックアップされるので、記事の見出しや壁紙などのスタイルは保持されます。)
    hpbの「エクスポート」は、あくまでビルダー画面上に表示されている部分だけです。ビルダー画面で見えない部分(ダッシュボード上で行った投稿や設定、プラグインなど)は、バックアップされない。
    なので、この部分については、自分でバックアップするしかないということになります。

●バックアップは、WordPressダッシュボードの「ツール」→「エクスポート」で行います。

1.の操作により、ビルダー側でテーマや固定ページ、固定ページの表示設定、ビルダー付属のお問い合わせフォームなどは、既にバックアップされています。
なので、固定ページやコンタクトフォームを除いた項目だけを個々にエクスポートしておけばいいと思います。(記事自体は、データベース内に保管されている。PHPファイルに入っているわけではない。)

●ダッシュボードを利用してアップした画像については、ビルダーのファイル転送ツールを使用して、レンタルサーバーに接続して、uploadsフォルダをまるごとパソコンにダウンロードしておく。

●プラグインについても復元したい場合は、pluginフォルダもダウンロードしておく。

復元する時は、「ツール」→「インポート」で行います。この際、「Download and important file attachments」にチェックを入れると、投稿記事でアップした画像をダウンロードしてからインポートされます。結構ここで失敗するケースがあるようです。
万一、インポートしたのに、uploadsフォルダに必要な画像が入っていないという場合のみ、ファイル転送ツールを利用して、ダウンロードしたuploadsフォルダをアップロードします。

ビルダーユーザが、最低限すべきことは、投稿・ニュース・ギャラリーのエクスポート(データベースとPHPから情報を取り出す)とuploadsフォルダ内の添付画像をダウンロードしておくこと。

【注意】
実際のところ、私は投稿記事までバックアップと復元をしたことがありません。なので、この記事が正しいかどうかの確証は得ていない。恐らく、若干の修正が必要になるでしょう。

【参考記事】
WordPress 記事のバックアップの取り方 ロリポップ推奨のバックアップ
WordPressの「インポート/エクスポート」を使ってサイトをバックアップし復元する