HpbでWordPressサイトをバックアップ

Hpb(ホームページビルダー)で、WordPressサイトをバックアップできるのか?

固定ページやテーマやWordPressの設定は、ビルダーのメニューから、「WordPress」→「エクスポート」を実行すれば、簡単にバックアップできます。バックアップファイルからの復元(インポート)を何度も行いましたが、いとも簡単に復元できます。
ビルダー上で作成したテーマや固定ページ、設定などは、ビルダー上でバックアップも復元もできる。当然と言えば当然です。これを使わない手はない。
※ビルダーを使って、時々、このエクスポートをしておいた方がいい。

これとは別に、公開時に「サイトのエクスポートファイルをサーバーにバックアップする」にチェックを入れていると、毎回公開するたびに、WordPressがインストールされているサーバーのフォルダーの中にある「wp/wp-content/themes」フォルダーの「hpb△△T○○*1」というフォルダーに、「backup.zip」という名前で転送される。zipファイルの中身は、phpに変換される前のものです。
ビルダーのファイル転送ツールを使うと、backup.zipを確認できる(下の画像)。このファイルを選択して、左下向き矢印をクリックすると、ダウンロードできます。

つまり、ビルダーメニュー(ダッシュボードのメニューではありません!)の「WordPress」→「インポート」で、このbackup.zipを指定すれば最新版で元通りになるはずです。
公開操作するたびにバックアップを取るので、非常に時間がかかるので、チェックを外している方もおられるかもしれません。先ほどのエクスポートと二重にはなりますが、より安心です。

  1. 上記のエクスポートをしても、ダッシュボード上から投稿した記事や写真まではバックアップされません。(※CSSはバックアップされるので、記事の見出しや壁紙などのスタイルは保持されます。)
    hpbの「エクスポート」は、あくまでビルダー画面上に表示されている部分だけです。ビルダー画面で見えない部分(ダッシュボード上で行った投稿や設定、プラグインなど)は、バックアップされない。
    なので、この部分については、自分でバックアップするしかないということになります。

●バックアップは、WordPressダッシュボードの「ツール」→「エクスポート」で行います。

1.の操作により、ビルダー側でテーマや固定ページ、固定ページの表示設定、ビルダー付属のお問い合わせフォームなどは、既にバックアップされています。
なので、固定ページやコンタクトフォームを除いた項目だけを個々にエクスポートしておけばいいと思います。(記事自体は、データベース内に保管されている。PHPファイルに入っているわけではない。)

●ダッシュボードを利用してアップした画像については、ビルダーのファイル転送ツールを使用して、レンタルサーバーに接続して、uploadsフォルダをまるごとパソコンにダウンロードしておく。

●プラグインについても復元したい場合は、pluginフォルダもダウンロードしておく。

復元する時は、「ツール」→「インポート」で行います。この際、「Download and important file attachments」にチェックを入れると、投稿記事でアップした画像をダウンロードしてからインポートされます。結構ここで失敗するケースがあるようです。
万一、インポートしたのに、uploadsフォルダに必要な画像が入っていないという場合のみ、ファイル転送ツールを利用して、ダウンロードしたuploadsフォルダをアップロードします。

ビルダーユーザが、最低限すべきことは、投稿・ニュース・ギャラリーのエクスポート(データベースとPHPから情報を取り出す)とuploadsフォルダ内の添付画像をダウンロードしておくこと。

【注意】
実際のところ、私は投稿記事までバックアップと復元をしたことがありません。なので、この記事が正しいかどうかの確証は得ていない。恐らく、若干の修正が必要になるでしょう。

【参考記事】
WordPress 記事のバックアップの取り方 ロリポップ推奨のバックアップ
WordPressの「インポート/エクスポート」を使ってサイトをバックアップし復元する