ブログ管理人から一言(先頭に表示中)

京都府亀岡市の自宅でパソコン教室を開いて16年になります。

平成14年に28年間勤めた某銀行を希望退職し、2003年(平成15年)にこの亀岡の地に引越ししてきました。パソコンの知識など、あまりないのに、いきなりパソコン教室と修理を始めました。まあ、何とかなるだろうと思って。
住まいは閑静な住宅地にあり、とても商売に適した場所ではないので、少し不安がありましたが、やはりその不安は的中した。暇そのものです。サラリーマン時代とは雲泥の差です。
これは何とかせねばと思い、新聞に折り込み広告を出したものの、広告費の回収もおぼつかない。広告を出すとポツポツとお客様が来られるのですが、少したつとまた暇になる。それで、広告も出すのをやめました。
このホームページだけが頼りなんです。
時折、パソコンの修理もありますが、格安料金なので、たいした収入にもならない。お客さんのほうから「それではやっていけないなー」と同情されることもあります。
やっていけないので今も食いつぶしです。涙・涙・・・・。
以前のお客様から、時折、電話がある。「モルモットパソコンさんって、まだ、やってらっしゃるんですか?」と。
簡単には潰れません。年金生活者ですから。ほぼ70歳です。
つい最近、電話で「パソコンを習いたいんですが、教えてくださる先生は何歳ですか?」と聞かれました。
こちらが正直に年齢を答えると、相手は、「それなら結構です。電気屋さんから若い人に習った方がいいよと言われましたもので。」と。
ガックリです。しかし、相手も正直な方ですね。そこまではっきり言わなくてもいいと思うんですが。
世間の人は、大体そう思っているのでしょうね。きっと。

こんなブログ書いたら、かえって企業イメージにマイナスになるんじゃないかと危惧しつつ、書いております。おかしな人ですよね。

Windows 10 May 2019 Update 配信開始

5月21日から逐次配信されるようになりました。
 <窓の杜ニュース> 「Windows 10 May 2019 Update」が一般公開 ~順次展開へ
別に何もしなくても、WindowsUpdateによって順次に自動配信されますので、じっくり待ってから行うのが一番安全な方法です。
下記のように急いで手動で行うと、前回のような不具合に巻き込まれるかもしれません。

ただ、私の場合、仕事で必要となることがあるので、毎回手動で取り込んでいます。
その場合、Windows10のダウンロード のサイトにあるUpdate Assistantを利用して、Windows10 Ver1903(32ビット版と64ビット版の両方)をダウンロードし、インストールメディア(USBメモリ)を作成する方法をとっています。

画像の右に余白を作って文字列を配置

ホームページの作成ー画像とその右の文字列の間に一文字分の隙間を作る

図形の右にテキストを配置する時、その間に隙間を一文字分付けたい時があります。「画像の左寄せ」だけだと、どうしても図形と文字がくっついてしまいます。
パソコン画面では文字列が一行で収まっているなら、最初の文字をスペースにすれば何とかなりますが、スマホで見た場合、下記画像のように二行になってしまうことがよくあります。そうすると、スマホ画面では二行目が図形とくっついてしまうので困ってしまうことがある。
下のスマホ画像のように、一行目も二行目も左に一文字分だけの空きを作成したい場合のやり方について書いてみました。

右余白を付ける

Hpb画面上では、以下の画面のように二つの設定をすればいい

  1. 画像を右クリックして、「属性の変更」画面を開きます。従来の通り、「画像の左寄せ」を選択する。(下の左画像を参照)
  2. 次に右下の「スタイル」をクリックして、「レイアウト」タブをクリックして、右方向のマージンに一文字分の高さを指定します。(下の右画像)
  3. 上記操作は、1.で  align=”left” 2.で style=”margin-right:1em;” を設定していることになります。
    下の左画面にある左右・上下の余白をいくら設定しても余白が出てきません。これは、vspaceやhspaceはhtml5に対応していないためだと思います。

初心者の最初の壁

Word/Excel初心者が最初につまづくもの

「ファイル」と「フォルダ」の違いをよく理解していない

「名前を付けて保存」と「上書き保存」の違いを理解していない

エクスプローラ
エクスプローラ

これらの事柄は、Word/ExcelというよりもWindowsの基本・仕組みなので、しっかり理解しておく必要がある。
ファイルとかフォルダとかエクスプローラという名前は、初心者には初めて聞く言葉であったりします。また、名前は知っていても、よく理解していない。
こちらでは当たり前に使っている言葉が、初めての人にとっては何とも難しいものに感じられるのです。
(エクスプローラのツリー構造は初心者じゃなくても難しい。Windows10では、クイックアクセス、ライブラリ、OneDriveなどが上に表示されるので、余計に混乱する。)
ドキュメント、ピクチャー、ビデオ、デスクトップなどのフォルダを知っていないと、どこに保存したか分からないままとなる。

また、年賀状の住所録を「住所録.xlsx」でドキュメントに保存した後、新たに友達の住所録を作成した時に、また同じ「住所録.xlsx」で保存されることがある。この時、「住所録.xlsxは既に存在します。上書きしますか?」と聞かれると、素直にOKボタンをクリックしてしまうので、年賀状の「住所録」が上書きされて消えてしまうことがある。
一つのフォルダに同じ名前のファイルは厳禁(拡張子が異なっていれば構わないが)。名前についても具体的な名前を付けないといけない。

書類はドキュメント、写真はピクチャーという風に最初は丸暗記してもらっています。慣れるまでは単純化する。応用は後。
最初からあまり詳しいことを説明したら、それだけで難しいと感じてしまいます。難しいと感じると、意欲が削がれてくる。これが一番いけない。

基本的にデスクトップに保存は勧めない。デスクトップはショートカットだけにするのが基本。基本ですがその基本を守っていない熟練者は意外と多い。
熟練者や企業には、もっとショートカットを活用するよう指導しています。

HpbのWordPressマニュアルを印刷

ここで書いている内容は、Hpbクラッシックを使用してWordPressを作成している方が対象です。
WordPressサイトを作成する場合、マニュアルは欠かせない。
ビルダーを使ったら、簡単にWordPressサイトを作成できると言っても、やはりマニュアルをしっかり読まなければ、思うようなものはできない。
マニュアルを印刷して、手元に置きながら作業しないと効率が悪い。
私なんかよく忘れてしまうので、マニュアルにマーカーを付けたり、付箋を付けたりして、お客様の質問に答えられるよう工夫はしています。
大体、皆、疑問に抱くところは、同じようなところなんです。

マニュアルダウンロード
Hpb21のWordPressマニュアル
Hpb21のWordPressマニュアル
WordPressマニュアル

左画像:Hpbを起動した画面でPDFマニュアルをクリックする。
右画像:PDFファイルを印刷したもの

ページは79ページあり、印刷が大変ですが、仕方ない。以前と比べると枚数もかなり増えた感じです。
こんなにたくさんあるということは、簡単なようで簡単ではないということです。それなりに勉強しないといけないということです。
このマニュアルは、ホームページビルダー21クラッシックとWordPress3.9.2に準拠している。
WordPressは順次バージョンアップされているのでビルダーのアプリがいつもそれに適応しているのかどうか、不安は残ります。
適時アプリやテンプレートについて、アップデートモジュールが配布されればいいのですが。
古いHpbから新しいHpbバージョンが出ても、すんなり新しいバージョンへ乗り換えていいものかいつも心配になります。
古いバージョンも残しておいた方が安全かなと思う時がある。サイトのバックアップは大事です。古い分も何個か。
テンプレートとマニュアルはしっかりしているのだが、なんせテンプレートの数は限られている。この点が辛いところ。
新バージョンのHpbを購入しても、以前のテンプレートと殆ど変わらない。デザイン変更したくても限られていて、実際のところ変えられない。
テンプレートだけの販売もあったが、それも廃止になったし。
ビルダーのユーザーの使うテンプレートは数種類なので、どうしても似たようなページになってしまう。

  • 背景画像や壁紙やロゴなどを変えるだけでも、結構違ったものに見えたりします。どこでも変えたい部分を右クリックして「合成画像の編集」を選択すれば変更できます。
  • 大幅な変更をする場合、事前にサイトのエクスポートをして、バックアップを取っておくとよい。万一元に戻せなくなると困るので。
  • 独自で記述できる部分については、「htmlソース」画面上で、直接htmlタグを書いて編集できるようになっています。(「ページ編集」画面上の編集も、実は裏で、htmlで記述されています)

なので、htmlタグを知っている方が有利です。細かい変更ができるし、またトラブった場合には、ソースを見てみないと解決できないことがよくあります。
「ページ編集」でうまくいかない場合は、「htmlソース」画面で直接書いた方が間違いが少ないし、早い。
htmlタグを使って変更した部分は、保存すると、htmlファイルではなく、その内容がXMLファイルとして保存されている。
私はPHPについては全く知りません。ただ、XMLファイルというのは、見たり、その形式で保存したりすることがたまにあります。
と言うのも、ホームページビルダーのWordPressでは、image以外は殆どXML形式で保存されています。これは、ビルダーの保存場所にあるファイルを見たら分かります。
XMLファイルはPHPに変換しやすいんだと思います。データ構造が分かりやすく、記述の仕方もhtmlと似ています。
Hpbでは、各部分をデータとしていったんXMLで保存し、アップする時に、それらをPHPに変換して送信しているようです。
詳しいことは分かりませんが。

マイクロソフトアカウント

マイクロソフトアカウントとパスワードとPINコードについて

Windows10では、通常、マイクロソフトアカウントとパスワード、そしてPINコードを設定します。
ところが困ったことに、お客様にはパスワードとPINコードが頭の中でごっちゃになっている方が多い。
マイクロソフトアカウントのパスワードは?と聞くと、大体、PINコードをお答えになる。パスワードが何か覚えておられない。
Officeをダウンロードして再インストールする場合など、アカウントとパスワードがいるので困ってしまう時がある。
パスワードのリセットから始めないといけなくなる。
実際のところ、お客様はマイクロソフトアカウントやパスワードがそれほど大事なものだという認識はあまりない。
毎日、PINコードばかり入力していると、パスワードを忘れてしまうというのは、分かる気がします。また、毎日PINコードを打っていても、それがPINコードだと知らずに打っておられる方もおられます。
そんな馬鹿なと言われるかもしれないが、パソコンをよく知っている人しか、その重要性なんか知っていないものなんです。
ずーと昨日まで打っていたパスワードーを今日忘れるということもあるんです。実際にそれを目のあたりにして、苦労したことがあります。
その時、紙に控えていたとしても、後になるとその紙をどこへしまったのか分からなくなるということなど、よくあるものです。
控えたことすら忘れることもあります。

だから、私の場合、お客様に対し、マイクロソフトアカウント、パスワード、PINコードなどの一覧を紙に印刷してお渡しすることが多い。
特に年配の方には、パソコンにそれを張り付けといて!とお願いしている。これは本当はまずいんですが、そうでもしないと、アカウントやパスワードやPINコードと言っても、ピンとこないんです。パソコンに張り付けるのが一番。

Windows10を使用していると、たまに本人確認が必要になる時があります。
マイクロソフトアカウントとパスワードをしっかり分かるようにしておく必要があるんです。面倒ですが。

HpbのWordPressサイトのメニューにプルダウンメニューを設定する方法

プルダウンメニューとは

今見ていただいているWordPressサイトで、メニュー項目の「業務内容」の上にマウスを置くと、下記の画像のように、「パソコン教室」と「パソコンの修理」がその下に現れます。
これが、プルダウンメニューです。Hpb画面でこれを設定する方法を書いてみました。

プルダウンメニュー

ページ構成とメニュー構成を変更する

  1. hpb画面で、WordPress→ページ構成→子のページを選択して「変更」ボタンをクリックします。子の該当ページについて、親ページを指定する。下記画像の左を参照のこと。
  2. hpb画面で、WordPress→メニュー構成→子のページを親のすぐ下に持っていきます。次に「階層」ボタンをクリックして、「下げる」をクリックすると子が親の下に表示される。下記画像の右を参照のこと。
  3. 2.だけでもプルダウンメニューは表示されますが、ページの階層についても変更しておかないと、パンくずリストに正確に表示されません。
    なので、「ページ構成」の階層については必ず設定してください。

PayPayの導入申請をしました

令和元年5月6日に申請

PayPay(スマホ決済)について詳しく知っているわけではないんですが、超零細な当教室としても一応キャッスレスに対応しとかなあかんかなと思って、申請をした。
審査があるので、どうなるのか分かりませんが、結果が出ましたら、このページの下側に追加してご報告したいと思います。
このホームページも審査されるようなんであまり変なこと書けないんですが・・・。
それと、今日、自分のスマホにPayPayのアプリをインストールして、購入する側の操作についても知っておかないといけないと思い勉強しています。

申請理由

何とかペイというのが色々あって訳わからない。考えるのも面倒という感じ。
当教室以外に、モルモットパソコンYahoo!ショップ店(ネットショップ)を開いている関係で、Yahoo!カード(クレジットカードとTポイントカードが一体)を以前に作っていました。
それで、同じ系列のPayPayに申し込んでみた。一応ショップの実績もあることだし。
いつ消えて亡くなるか分からないような細々としたパソコン教室なので、キャッシュレスも糞もないんですが、一応ちょっとぐらいは先に進んでおかないとお客様に説明がつかない。
それはまずいと思った。興味はないが、致し方ない。

 参考:新しいモバイル決済PayPayに個人事業主として登録|審査期間と評判を徹底比較!

PayPayで知っていること

分かったことを少しづつ書いていきます。万一来られた時に対応できないと困るんで。
今、分かったことと言うと、PayPayの全貌を知るのは、結構、知識がいるなということ。ポイント還元率も知っておかないといけない。

顧客側の支払い方法には3種類ある

店舗側としては、スマホで当教室のQRコードを顧客に読み取ってもらい、支払金額を入力していただく方法(スキャン支払い)を採用したいと思っています。

 参考ビデオ:PayPay(ペイペイ)で決済する方法!店舗での支払い方を解説!

  1. PayPay残高から支払う(通常はこの方法、チャージしてから使う
    チャージ方法には、銀行口座からとYahoo!Japanカードからできる。
    (※Yahoo!カード以外のクレジットカードでは、チャージできない)
    事前にYahoo!ウォレットに銀行口座などを登録しておく必要がある。
  2. Yahoo!マネーから支払う
    Yahoo!マネーと他の支払方法は併用できない。チャージ不要です。
  3. クレジットカードから支払う(実質、普通のクレジット払いと同じ)
    これは、お客様が事前にPayPayに登録したクレジットカードから支払われる。支払金額がPayPay残高では足りない場合、または、残高がなくても、支払金額全額をクレジットで落とすことができる。差額分をクレジットで落とすわけではない。チャージ不要です。
    PayPayに登録できるクレジットカードは、現在、VISA、MasterCard、JCB(Yahoo!カードのみ)です。

結果報告

落っこちました。涙・・・。
令和元年5月7日。「審査結果のご連絡」のメールが来た。否決。はやーい!
理由は開示されないとのこと。開示されないが故に、余計に何故なんだ?と思ってしまいます。
審査で落とされるというのは、どうも嫌な感じ。学校の入学試験に落ちるのとはだいぶ違う。ダメ元と言いながら、少しは期待していたかな。
個人零細は無理なのかなあ・・・・・。
何が問題なのか気になるので、PayPayに電話で理由を聞こうとしたが、やはり核心については教えてもらえなかった。
相手との会話の感触では、カルチャー的なものとか不動産は審査が厳しい模様。
ホームページを見て判断されているに違いないので、少しページ内容を変更して、再申請してみようと思っています。再申請は何度でもできるみたい。

おそらく、パソコン修理の料金体系の問題かなと勝手に想像しています。
「〇〇の修理:5,000円~10,000円」といったアバウトな料金設定が多いので。
もしそうであれば、再申請しても、またダメかも。

わたしとうぐいす

毎日、鶯が庭にやってきます。
私の口笛と鶯の鳴き声でかけあいをしました。下の動画URLをクリックすると、美しい声が聞こえますよ。
動画の音声はスピーカーの音量を上げないと聞こえにくいかも。
私の口笛を鶯の声と間違えないでね!
間違えるわけないか。

Excelの日付、「令和」表示できました

今日(5月4日)Windows Updateを「手動」で行ったら、令和表示になりました。
Windows10 Ver1809の話です。これでサポート対象OSはすべて表示されるようになった。
Excelでも、下記の画像の通り確認できましたので報告いたします。
つい先日、「Excelの日付、令和表示されない!?」という記事を書いたばかりなので、申し訳なく思っています。
 特に急ぐ必要がなければ、Windows Updateの自動配信を待てばいいだけですが、「手動」でWindows Updateを行うと、すぐにできるようになります。

  参考: WindowsUpdateの利用手順-Windows10

Excel画面で確認済み

Windows Updateの令和対応パッチ

自信はないが、KB4495667、KB4486553、KB4493509のどれかが該当パッチではないかなと勝手に想像しています。
ただ、PCの構成によって、適応されるパッチも異なるかもしれないので断言できない。間違っていたら、ゴメン。

Excelのアイコンって変わりましたか?

何かExcelのアイコンが変わったような気がすした。単に思い過ごしかな?

Excelの日付、「令和」表示されない!?

今のところ、Windows10 Ver1809は、まだなようです。Ver1803は対応しているという情報もあります。Windows7SP1は既に対応しています。
実際に確認していないが、Windows8.1も既に対応しているようです。
Windowsの令和表示は、Windows Updateの更新プログラムとして配信されることになっている。
なので、Windows10 Ver1809についても、そのうちに配信されるでしょう。

【確認方法】(下記のExcel画像参照)

1.最初に、空白セルに今日の日付を入力。5/3と打てば、「5月3日」と表示されます。
2.そのセルを右クリックして、「セルの書式設定」を選択
3.表示形式の「日付」を選択。右下にある「グレゴリ暦」を「和暦」に変更。
4.そこで、種類欄の「平成〇年〇月〇日」をクリックして、サンプル欄に令和の日付が表示されたら対応済みです。

【Windows10 Ver1809の場合】
 下記の画像の通り、5月3日現在、まだ対応していなかった。Windows Update待ちですね。

   参考: WindowsUpdateの利用手順-Windows10

【Windows7 SP1の場合】
令和表示になっています。左の画像、サンプル欄で分かります。
確認する場合、必ず、WindowsUpdateを手動で更新してからお試しください。
そして、必ず、「オプション」も更新してください。このオプションの「KB〇〇」に令和変更のパッチが入っているからです。

   参考:Windows Updateの利用手順ーWindows7

「外付けSSD」の読み書きの速度

今度はFujitsu LIFEBOOK AH530/1Bノートパソコンを使用して、それに外付けSSDをつなげた場合、外付けのSSDの速度がどんなものになるのか見てみた。
このパソコンは、元々Windows7パソコンですが、現在、Windows 10 32bitにアップグレードしている。Celeron CPU P4600 2.00GHz 、メモリ2GB。
パソコンの左側にUSB2.0とExpressCardスロットがついています。

下の画像の左側は、USB3.0外付けSSD。ケース(USB3.0ケーブル付き)と中に入っているSSD(KINGMAX 120GB)は別途購入したものです。
下の画像の右側は、ExpressCard USB3.0。PCにUSB2.0しかついてないので購入した。

1.最初に内臓HDD(SATA/300)単体での速度を計測してみた

内臓HDD(SATA/300)の場合、こんなものかなといった感じです。

2.USB2.0+USB3.0外付けSSD(ケース入り)の場合

いくら速いSSDでも、パソコン側のUSB2.0に接続したら、遅いですね。SSDの効果は出ない。通常の外付けHDDと変わらない。
一般的に、外付けHDDは内臓HDDよりもずいぶん遅い。だから困るんです。

3.ExpressCard(USB3.0)+USB3.0外付けSSD(ケース入り)場合

パソコンに、ExpressCard USB3.0を装着し、それに外付けSSDをつないで計測。
やはり、外付けSSDは、PCと接続機器共にUSB3.0でつながないと速くならないですね。
ものすごく速いという感じではないが、USB2.0につないだ場合と比較すると4倍は速い。
ExpressCard USB3.0を利用するだけで、随分違ってきます。これだと内臓HDDより速くなる。

やはり、外付けSSDは、PCと接続機器共にUSB3.0でつながないと速くならないですね。
ものすごく速いという感じではないが、USB2.0につないだ場合と比較すると4倍は速い。
ExpressCard USB3.0を利用するだけで、随分違ってきます。これだと内臓HDDより速くなる。

4.あとがき

仕事上、修理にとりかかる前に、お客様のHDDをまるごと外付けHDDにバックアップすることが多い。クローンも使用しますが。
その場合、バックアップに要する時間をいかに短縮するかが大事なんです。
今やパソコンに、1TBのHDDが入っているのが普通。それをバックアップするとなると、結構時間がかかるので、どうしても工夫がいるんです。

内臓HDDの読み書きの速度

メインパソコン(HP-Compaq DC5750 Microtower)の速度を計測してみました。

このパソコンは、元々Windows XPが入っていたパソコンでしたが、
それをVista→7→8→8.1→Windows10にアップグレードして使っています。
HDDを二台設置できるので、システム用にSSD、バックアップ用にHDDを入れている。
下記の画像では、上が1stのSSD、下が2ndのHDDの速度です。

何と!SSDの速度は、シーケンシャルリードで1094.2MB/秒と驚異的。5400rpm HDDの104.9MB/秒と比べて10倍も速い。古いパソコンですが、侮れない。



古いXP時代のデスクトップパソコンなので、レガシーBIOSで、UEFIではない。
当時のパソコンとしては、Dual Core Processor、64bit対応、SATA/300接続なので、ましな方です。AHCIにも対応していないのに、この速度はすごい。(中古で購入した)
ただ、パソコンの性能はこの速度のみで決まるわけではない。なので、起動がめちゃくちゃ速いということでもないんです。