権利について

権利というのは、元々ありません。
単に知性によって生み出されたもので、法によって権威づけ、保障したものにすぎない。
自然法と呼ばれるもの、これも同様、元々ありません。
法によって権威付けをし、それを国民が信頼し、有難がられる。紙のお札と似ている。
法に対する国民の信頼が失われると、権利の効果も失われます。
何よりも人同士の信頼が一番大事です。それが崩れると、決めごとはすべて崩れます。

権利で溢れた世界に、私たちは今います。
そこに慣れると、それが当たり前のように感じていますが、実は、特殊な仮想世界にいる。
当然、動物や虫の世界に権利という言葉はありません。でも、自分の縄張りを互いにきっちり主張し合っているので、それを権利の主張と言えなくもない。
と言うか、
動物的な縄張り意識を人が勝手に権利という美しい言葉で偽装しただけのことなんです。
正義という美しい言葉も同じ。動物的な縄張りに元々正義も悪もありません。
「人」と区別して呼んでいますが、していることは動物と同じ。いや、動物より陰湿かも。

今の世の中には、様々な権利が定められています。
〇〇の権利というのが、どんどん増えてきています。権利権利と文明開化の音がしている。
増えすぎて、どれだけあるのかよく知らない。知的エリート層は好んで用いますが。

権利が少ないうちは、それなりに効果も出ます。
だが、少し増えてくると、今度は逆に権利に束縛されて自由に身動きできなくなって不満が生じてくる。権利と自由が対立してくる。
そうすると、反発して逆の権利が主張されるようになってきます。

こうして、権利がどんどん増えていくと、一体どうなるかと言うと、
なんでも権利になってしまい、その結果、権利が全くなかった最初の時と変わらなくなってしまう。

つまり、なんでもありの、全く野放しの自然状態に戻ってしまう。
皆が権利を振りかざして、攻撃的に振舞うようになると、そうなります。
これが権利一辺倒の行き着く先。法律の限界。知性(intelligence)の終焉。
知性は結局、欲望に勝てない。知性より物を握っている方が最終的には強い。

そんなことはないと反論されそうですが、そうなりつつある。
権利ができて争いが減っただろうか。逆です。とてつもなく増えた。
攻撃と防御には、銃か権利が用いられる。権利は争いを助長させる武器のようなもの。
武器を増やせば、自分も撃たれやすくなるものです。

人の考えることは、矛盾だらけ。
自分で自分の首を絞めている感じです。人を量れば、その量りで自分が量り返される。
人の理性や知性は、素晴らしいと思っていたが裏切られた。自己正当化の道具に近い。
私は今まで一体何を学んできたのだろう。少し目が覚めた。
知性は、散らすことはしても、集めることをしない。集めるにはどうすべきなのか。