電源ボタンを押しても立ち上がらない

電源が入らないといってお伺いしたら、何と、電源は入っている。ランプがついているではないか。

電源ボタンを長押しして、完全に切ってから、再起動すると、なんなく立ち上がった。

パソコンには、休止状態やスタンバイやスリープなどの電源節約機能があります。一度その状態になったのはいいが、元に戻らないことがあるので、厄介です。

マウスやキーボードや電源ボタンをちょっと押すと、復帰するものですが、そういかないことがある。

VISTAでは、スリープを使わないように変更することが多い。完全にシャットダウンした方がトラブルが少ないからです。

電源ボタンを長押しするというやり方を知らない方も結構多い。今まで起きなかったことが起きると、誰しもびっくりするものです。パソコンはどんな人にもやさしいものでなくてはならないのですが、まだまだ足りないところが多い。

無線LANがつながらない ONとOFF

インタネットにどうしてもつながらないというトラブルでご自宅に訪問する機会がよくある。

自宅にお伺いして、ノートパソコンを見てみると、無線LANのON、OFFの切り替えスィッチがOFFになっていることがある。

お客様は、このスィッチがあることさえご存じでない。これは、本当によくあることです。

スウィッチの横にボリュームボタンなどがあったりすると、それを触ろうとして、間違ってOFFのボタンを押してしまうようです。

こういったことが起きないよう、ボタンの位置や切り替えたときの警告表示などを工夫して、ど素人でも間違えないよう、メーカーも考えてほしいものです。

訪問して、一分もせずに直ってしまうと、料金をいただくのは、非常につらくなる。